ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

テレビアニメ第2期とのタイアップで、何を血迷ったか「コミックボンボンにおいて2006年11月号より連載開始。作画は『魔法少女リリカルなのはVivid』の藤真拓哉。同誌の増刊号として創刊された「アブラカダブラ」にエピソード0を載せている。
「コミックボンボン」休刊に伴い2007年11月号で一旦連載を終了し、掲載誌を「マガジンSPECIAL」(マガスペ)に移して2008年No.2から2009年No.9まで連載された。テレビアニメ第2期のをストーリーの土台にしているため、原作者の赤松健と共に、アニメを制作したシャフトが監修としてクレジットされている。
「ボンボン」連載分でアニメ第2期を基にしたストーリー(スタークリスタル編)は完結したため、「マガスペ」移籍後は藤真によるオリジナルストーリーに移行した。

原作との相違点など

  • アニメのパロディ、コント的な独特の作風を漫画で再現することが困難なので、ほぼ漫画独自の内容である。放送枠の都合上アニメ版が出来ないお色気シーン(パンチラ、服が破れるなど)を積極的に入れている。
  • 進級直後(第15話=マガジンSPECIAL移籍後の1回目)にスタークリスタル事件の責任をとってアーニャ32番目の生徒として麻帆良学園女子中等部3-Aに転校して来て後に鳴滝姉妹の所属するさんぽ部の一員となる。
  • 小太郎が関西呪術協会の使者として麻帆良学園にやってきてそこでネギと初対面する(原作ではネギが修学旅行中に関西呪術協会の本部(木乃香の実家)に出向いていたのでちょうど逆の立場になったといえる)。また月詠に関しても、修学旅行中ではなく木乃香&刹那の小旅行中に学園長の手回しで登場した。
  • フェイトがオスティア国の王子として登場する。 
  • アニメ2期のオリジナルキャラであるモツシチミが登場しない。

関連タグ

魔法先生ネギま! ネギま!?
コミックボンボン 藤真拓哉
ネギほ(幼)文・・・同じくネギまのスピンオフ漫画。

アイドルマスターブレイク!ボンボンの後継誌に掲載された同じような境遇の作品。作画も本作と同じ藤真が担当している。

関連記事

親記事

ネギま!? ねぎま

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ネギま!?neo」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 126

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました