ピクシブ百科事典

バタグールガメ

ばたぐーるがめ

バタグールガメ (Butagur baska) は、爬虫綱カメ目ヌマガメ科バタグールガメ亜科バタグールガメ属に分類されるカメの一種。
目次[非表示]

概要

甲長約40~60㎝。
食べ物は主に果実カニ等の小動物と言った雑食性。
インド東部からインドシナ半島スマトラ島の大きな河口マングローブ林に生息する。

特徴

別名:バタグルバスカ、ヨツユビガメ等。
水中での生活に適応出来るように、四肢に水掻きが発達している。繁殖期の甲羅や頭が鮮やかな色に変わり、鼻先が青く、また頸や四肢が虹色になる。産卵期は1~3月で、2週間置きに計5~53個のを産む。地域によっては、産卵時に偽の巣穴をいくつか掘る行動も確認されている。現地では食用になっているが、絶滅の危機にありワシントン条約でも手厚く保護されている。

関連動画



関連タグ

爬虫類 カメ ヌマガメ科

関連記事

親記事

ヌマガメ科 ぬまがめか

子記事

兄弟記事

コメント