ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

アメリカの科学者トーマス・ガレン・ヒエロニムスが発明した装置。疑似科学的とされている。
物質から放射される光学的特性と電気的特性を併せ持つエネルギー「エロプティックエネルギー」を測定、放射することによって遠隔的に人や物質、植物などの病気の診断、治療、土壌のパワーアップや害虫駆除を行える。対象物の写真を使って診断・治療を行うとされている。

1946年に「鉱物放射検知器」として特許申請し、2年後に取得している。

現在では精神面に頼ったり、機能が超能力的すぎるとして殆ど認められていない。

この機械の面白い所は「回路図だけで機能する」ところ。「部品の持つ概念で動作」し、「部品そのものには意味がない」のである。

ヒエロニムスマシンが登場する作品


外部リンク

ヒエロニムスマシン - Wikipedia

関連記事

親記事

疑似科学 ぎじかがく

兄弟記事

コメント