ピクシブ百科事典

ホメオパシー

ほめおぱしー

ホメオパシーとは、疑似科学の一種である。

極度に希釈した成分を投与することによって体の自然治癒力を引き出すという思想に基づいて、ある物質を何十回も水で薄め、砂糖玉にしみ込ませた「レメディ」と呼ばれる錠剤を飲むと自然治癒力が回復し病気が治る、という触れ込みである。

原物質が無くなるほどに薄められており、科学的にはどう考えてもただの砂糖玉でしかないのだが、信じている人達は「物質のパターン・波動が水に記憶される為、治療効果がある」と思い込んでいる。

その歴史

もともとはドイツの医師であるザームエル・クリスティアン・フリードリヒ・ハーネマンが考案した。
当時の医療は瀉血といって、わざわざ血を出して治療するというほぼ迷信に近い療法が横行しており、当然この「治療」が逆効果になって死亡する人も多かった。それに比べば、ただの砂糖玉を与えるだけで実質何もしていないホメオパシーは人間本来の自然治癒力を邪魔することはなく、少なくともマイナスではなかったのである。しかしハーネマン自身は「病気が自然に治った」のをホメオパシーそのものが効いたと思い込んでしまい、この間違った見識に基づいたトンデモ理論を構築して行く事になる。その結果ヨーロッパではすっかり広まってしまい、保険適用される国まで出る様になった。

また実質ただの砂糖玉である故に経費が安く、お金のない発展途上国でも広まってしまった。

しかし、近年の先進国ではその非科学性が広く知られるようになり、ヨーロッパ諸国では既に保険対象から外されている。

問題点

現代の科学からすればまったくの出鱈目でしかないのだが、使っている人の中には、病気が自然に治っただけなのをホメオパシーのおかげと思い込む人が多く、結果的に現代医療を遠ざけるようになる者も少なからずいる。またホメオパシーの団体やホメオパス(ホメオパシーの施術者)の中にも各種陰謀論と結びつき現代医療を受けさせない用客に誘導する者が少なからずいる。これが自分だけならまだしも、信者の親が我が子に受けるべき医療を受けさせず重大な結果を招く例が時々起こっている。酷い例では医療の専門家がホメオパシーを信じ込んでおり、例えば助産師がホメオパシー信者であったため与えるべきビタミン剤のかわりにレメディを与えたため新生児が死亡して訴訟沙汰になった事件もあった。

しかし雑誌等でファッション的に紹介されたり、中には一部の医師看護師などの医療有資格者がハマっていたりすることもあり、日本でも一部芸能人がハマってしまい結果的に業者の広告塔状態になっている。

日本は中南米やインド、ヨーロッパ等と比べればもともとホメオパシーの信奉者は少なかったため、社会問題として取り上げられることは少なかったが、鳩山由紀夫政権時には鳩山本人がホメオパシーの信奉者であったため長妻昭とともに予算をつけようと目論んだ。これは各学会で猛烈な反発を呼び、日本学術会議が「ホメオパシーは非科学的な理論であり、治療効果も無いことが証明されている」という趣旨の声明を出す事態となった。日本医師会および日本医学会もこれに賛同する談話を出した。

また、ホメオパシーの派生として「バッチフラワー」(フラワーエッセンス、フラワーレメディ)と呼ばれるものがある。これはホメオパシーの信奉者であった医師のエドワード・バッチが生み出したもので、花を朝日に照らされた水のに浮かべたり煮出したりして「花の癒しのエネルギー」を転写すると称したものである。植物の成分が多少なりとも含まれるアロマテラピーの精油やハーブティーと異なり、科学的にはただの水でしかないのだが、ホメオパシーとセットで売られることも多く、またアロマグッズショップなどでアロマテラピー用品と混同されて売られたり雑誌でファッション的に紹介されることも多く、疑似科学にハマる入り口となっている。

pixivに投稿された作品 pixivで「ホメオパシー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 124

コメント