ピクシブ百科事典

ヒプノシスマイク(ヒプマイ)

ひぷのしすまいくろふぉん

ラップバトルプロジェクト「ヒプノシスマイク」作中に登場するマイク。
目次[非表示]

概要

H法案によって人を殺傷するすべての武器の製造禁止及び既存の武器が廃棄された作中世界において、武器に取って代わり使用される。
このマイクを通したリリックは、人の交感神経・副交感神経等に作用し、様々な状態にする力を持っており、登場人物たちはこのマイクを使ってラップバトルに挑む。

形状

作中では各登場人物たちに合わせたデザインにカスタマイズされている。下記はその解説である。
なお形状によって性能が違うというわけではない。
(括弧内は所属チーム)

ハンドマイク型

指ぬきリングの上に本人達のMCネームのエフェクトがある。色は一郎が赤、二郎が青、三郎が黄色。

ミラーボールを象っている。持ち手部分に自身のMCネームが入っている。
ピンクと黄色を基調とした、デコられたデザイン。自身のMCネームの入ったチャームがついている。
ドルマークをかたどったデザイン。「S」の下方カーブ部分に自身のMCネームあり。

スタンドマイク型

ガイコツをあしらったデザイン。

ヘッド部分に羽、支柱に点滴のようなオブジェがある。羽には自身のMCネームが入っている。

マイクとしての形状をとどめていない人達

無線型マイク。

トランシーバー型マイク。
なお、これは軍で造られたプロトタイプであり、通常のヒプノシスマイクよりも精神干渉能力が強い。
ガラケー型マイク。
昭和初期の日本で使われていた自動交換式の電話機に似たマイク。台の縁に自身のMCネームあり。














その他

ヒプノシスキャンセラーというものが存在するらしい。












関連項目

ヒプノシスマイク

コメント