ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

「化け物の姿を、見せてあげよう!」

超人バロム・1』第22話「魔人ヒャクメルゲが目をくりぬく」登場

CV:京田尚子 人間態:藤井まゆみ


概要編集

ドルゲの命で人間の目を奪って人間の世界を恐怖と暗黒の世界にする事を目的とする魔人。

頭部が巨大なになっている上に、手のひらをはじめとする各所に目がついている。

一人称は「私」だが場面によっては「俺」と言ったりもする。

配下のアントマンは先端に目がついた棒を武器とする。


女性に化けては夜な夜なドライバーを襲って目を奪って交通事故を引き起こしていた。目を奪われた人間は目の部分がただれてしまい、ヒャクメルゲの力でアントマンに変えられてしまう。

会話をする時は胸にある目玉が点滅し、奪った人間の目もここに集められる。手のひらにある目玉をかざして人間に催眠術をかけて操る事ができ、バロム1に対しては胸の眼から催眠術「ヒャクメあやつり」を使用。同名の技で全身の目玉を分離させてその目からミサイルを発射することも可能。


ドルゲからバロム・1の目を奪って無能力にするよう命令を受け、女医に扮して白鳥健太郎を視力検査と偽ってアジトに拘束、目をくりぬこうとするが、木戸猛がボップを投げたことでバロム・1になってしまい、脱出されてしまう。


その夜、木戸松五郎に催眠術をかけてボップを取ってくるように命令。目論見通りボップを手に入れる事には成功、ヒャクメルゲは松五郎と追いかけてきた木戸紀子に襲いかかるが、猛と健太郎は松五郎の様子がおかしい事に気づいていたため、はじめから変身して待ち構えていたため計画は失敗。

紀子を人質に一度はバロム1の眼を奪うも(取られたバロム1の眼は石膏で覆われたようになっていた)、聴力を全開にしたバロム1に胸の眼を攻撃され、眼を奪回された。

「バロム爆弾パンチ」で頭を吹き飛ばされて胴体は消滅し、残った頭も「バロムチョップ」を受けて爆発した。


余談編集

デザインの気持ち悪さゆえに放送中クレームが多かった人体魔人の中でも、ひときわその造形が取り沙汰されるヒャクメルゲだが、紀子役の戸島和美氏も夜間ロケの際にヒャクメルゲのあまりの怖さに逃げ出してしまい、ロケバスの裏に隠れて泣き出してしまったという。

関連記事

親記事

ドルゲ魔人 どるげまじん

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1163

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました