ピクシブ百科事典

ヒューイ(北斗の拳)

ひゅーい

ヒューイとは、武論尊・原哲夫の漫画『北斗の拳』の登場人物。
目次[非表示]

※ その他の「ヒューイ」についてはこちらを参照。

概要

CV:曽我部和恭(TVアニメ)、土田大(新OVA)、石塚堅(激打2)、金本涼輔真・北斗無双)、一条和矢DD北斗の拳

南斗正統血統者であるユリアを守護する「南斗五車星」の拳士。通称「風のヒューイ」。
五車星の同志である山のフドウケンシロウと接触したことを見届けた後、自身の組織する「風の旅団」を率いて拳王軍と戦う。

鋭い手刀から真空波を発生させるなど南斗聖拳にも近い拳を用いる。(アニメでは「五車風裂拳」と名付けられた)
侵攻隊の壊滅を知り姿を現したラオウに南斗六聖拳最後の将の存在と北斗の消滅を宣言して先制攻撃を仕掛けるが、そんなやわな拳ではこの身体に傷一つつける事は出来ぬ!と一喝され、拳の一撃で葬られた。

原作ではケンシロウと顔合わせしていないが、アニメ版では少しだけ手合せをしている。また、シオンとういう弟が登場した。また、部下の口から風の旅団の目的は敵をおびき出し、その強さを見極める事であったことも明かされた。

五車星の同志である炎のシュレンとは兄弟星の関係であるらしい。『ジュウザ外伝』では実の兄という設定で、共闘する場面もあった。

関連タグ

北斗の拳
ユリア 南斗五車星

他の南斗五車星のメンバー

「風」のヒューイ
「炎」のシュレン
「山」のフドウ
「雲」のジュウザ
「海」のリハク

pixivに投稿された作品 pixivで「ヒューイ(北斗の拳)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1294

コメント