ピクシブ百科事典

シュレン

しゅれん

シュレンとは、武論尊・原哲夫の漫画『北斗の拳』の登場人物。

※ 『BLEACH』の朱蓮(シュレン)に関してはこちらを参照。

概要

CV:若本紀昭(TVアニメ)、檜山修之(新劇場版)、宮崎寛務(真・北斗無双)、関智一DD北斗の拳


慈母星・ユリアを守護する南斗五車星の一星「炎」の拳士。
同じく五車星である「風」のヒューイの兄星であり、拳王の力量を測るために犠牲になった弟星の死には涙を流した。

全身を赤い甲冑で包んだ「朱の軍団」を率いて拳王軍を足止めし、弟星の仇であるラオウに一騎討ちを挑んだ。燐を使い炎を自在に操ることを得意とし、死兵となった拳王軍の兵士二人を奥義「五車炎情拳」で葬ってみせている。

ラオウにも同じ奥義をもって挑むが、動きを見切られ迎撃され、手の指と脚をへし折られてしまう。
最後の手段として、その身に炎を宿し捨て身でラオウに飛びかかるが、炎をも凌駕したラオウの肉体には火傷すら負わせることが出来ず、最期はラオウに首を捻られて絶命する。

ラオウからは、弟星に報いる熱い情と命を捨ててまで将に尽くす忠義から(もしくは炎に包まれて死んでいく姿の皮肉から)「まさに炎の男よ」と評された。

関連項目

pixivに投稿された作品 pixivで「シュレン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 10702

コメント