ピクシブ百科事典

ビリヤードシャドー

びりやーどしゃどー

「ビリヤードシャドー」とは、『烈車戦隊トッキュウジャー』に登場する怪人である。
目次[非表示]

「アイ・アム・ビリヤードシャドー!ユーたち、ミーと突き合っちゃおうぜぇ~?」

「頭下げる!それでは早速!一番をサイドポケットへ!」

CV:藤本たかひろ

プロフィール


登場回:第34駅「恋は大騒ぎ」      

主:ノア夫人

闇形式:ノハ201944210-34

闇装備:キツツキ系キュー、シャドー系キューボール、ビリヤード系テーブル

闇駅名:突き合い

心の闇:ビリヤードのように穴に落とされる屈辱と痛み

シャドー怪人蘊蓄:自身の肩がフサフサなのは、上質な闇でできた羅紗だから

概要


人間をビリヤードの様に弾き飛ばす力を持つ撞球系シャドー怪人。自身の能力で、穴に落とされる人間の苦痛や屈辱による闇を集めた。

バブリーな英語交じりのやかましい口調で「突き合え」と強引にプレーに誘導しては、人間を球に見立てて穴に突き落とす。ダイナミックに球を拡散させる「ブレイクショット」、バックスピンで不意を突く「ドローショット」、足下を削って撤退する「マッセ」など、ビリヤードの技術を戦闘にも応用して戦う。

トッキュウジャーが駅を通過した直後、そこを乗っ取って人間ビリヤードに興じ、闇を蒐集。トッキュウジャーをビリヤード戦法で追い詰めるも、遅れて参戦した3号にシンゴウハンマーで球を打ち返されるという思わぬ反撃を受け、マッセで撤退。

再び街に繰り出して人間ビリヤードに臨み、駆け付けたトッキュウジャーをバックスピンなどの応用戦法で追い詰めるも、2号の猛攻に押され、ハイパートッキュウ2号のハイパー終電クラッシュ号泣ミックスを受け敗北。

直後に闇暴走を起こして巨大化。2号操るハイパーレッシャテイオーへ、ビルの屋上をテーブルに見立てたショットで周囲のビルによる反射を活かした全方位攻撃を繰り出すが、最後はハイパーレッシャテイオージャイアントフラッシュの前に散った。(その際「もっとお突き合いしたかったー! バイバ~イ!」と最後まで陽気さを貫いていた。)

関連タグ   

烈車戦隊トッキュウジャー シャドー怪人 シャドーライン

関連記事

親記事

シャドー怪人 しゃどーかいじん

兄弟記事

コメント