ピクシブ百科事典

ランプシャドー

らんぷしゃどー

ランプシャドーとは、『烈車戦隊トッキュウジャー』に登場するシャドー怪人。
目次[非表示]

「私は笑えません!お前達、消えてもらいます!」

プロフィール

闇形式:ゼロ109-11
闇装備:アームランプ系サイズ
闇駅名:闇の影駅
心の闇:不明
シャドー怪人蘊蓄:手に持つ大鎌は、相手の命の『灯び』を刈り取る「死神の鎌」のよう

CV:諏訪部順一

概要

闇の皇帝ゼット直属の部下で、彼の護衛役を担当するランタンシャドー怪人
両肩についている「アームランプ系サイズ」からは怪しい光を発し、人間を催眠状態に陥れることができ、としても扱うほか光エネルギーを攻撃力に変換した超光熱ビームを照射することもできる。

キャッスルターミナルで凱旋を待っていた幹部たちの前に皇帝の代理で現れ、皇帝が娯楽として人間界で暇をつぶしている事を教え大混乱させた。
その後皇帝の行方を追うトッキュウジャーとシャドーライン幹部たちの大乱戦の中、皇帝が立ちくらみを起こすと幹部を押しのけて皇帝を保護し、クライナーに運び込むと彼の意向でクライナーロボと戦っているトッキュウオーの映像を見せ、彼らの『キラキラ』に関心を示した皇帝の命令で出撃。
クライナーロボに轢かれて皇帝を見失ってしまったトッキュウジャーを含めて街中のランプによる催眠術を施し、その場所を「闇の影駅」へと変えるとライト以外の4人と町の子供達からイマジネーションを消してしまった。

その後イマジネーションを失ったトッキュウジャー達の記憶を改ざんし、トカッチをサラリーマン、ミオを警官、カグラはモデル、ヒカリは大学生といった偽りの記憶を与えてトッキュウジャーを解散させる。
一人になってしまったライトの前に現れると近くの階段に座らせ、今回の作戦は「蠱毒になったライトのキラキラがどこまで続くか」という実験であることを教え、姿を消す。
そして何処かの丘で皇帝と共にトッキュウ1号を迎え撃ち、単体で圧倒し変身解除に追い込んだ。
しかしライトトッキュウジャーの記憶を失ったとしても幼いころの約束は覚えているはずだと強く信じた事で、秘密基地ルールを思い出した4人が記憶を取り戻し、トッキュウジャーが再結成されると1号イエロー、2号グリーン、3号レッド、4号ピンク、5号ブルーの連続攻撃に怯みレンケツバズーカ「火の用心」で変化した火の用心バケツの大量の水を浴び「何で火の用心!?」と叫んで倒された。

その直後に闇暴走を起こして巨大化。
8両のトッキュウレッシャーを迎え撃ち、彼らのフォーメーションを挟み撃ちと思い込んで回避したが1号の機転で烈車が交差し超トッキュウオーが完成。
攻撃が全く通じず、超トッキュウオーフルバーストフィニッシュを受け「なんかすごーい!」と叫びながら爆死した。

関連タグ

シャドー怪人 シャドーライン

pixivに投稿された作品 pixivで「ランプシャドー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 232

コメント