ピクシブ百科事典

マリオネットシャドー

まりおねっとしゃどー

マリオネットシャドーとは、『烈車戦隊トッキュウジャー』に登場するシャドー怪人。
目次[非表示]

「他の娘たちみたいに泣いて、闇を生み出しなよ。失恋なんだよ?胸が痛いよね?」

プロフィール

主:ネロ男爵
闇形式:ネハ929-9
闇装備:操り系カッター、ドール系マリオネット
作戦運行:自身の能力で街の男性を操り、数々のドラマチックな一目惚れを盛り上げておき、女性達の気持ちを踏み躙らせる事によって闇を集める
闇駅名:大失恋駅
心の闇:失恋
シャドー怪人蘊蓄:両足のドール系マリオネットは恋を引き裂くための意味合いで「男」と「女」になっている

CV:内山昂輝

概要

操り人形シャドー怪人
両手にある操り系カッターからは糸を伸ばしてあらゆるものを自由自在に操る事が出来、両足のドール系マリオネットを分身として遠隔操作して操る。

トッキュウジャーバクダンシャドーと戦っているどさくさに紛れてネロ男爵の命令で街の中に忍び込み、クローズに街の女性を襲わせてすぐ近くにいた男性を操り系カッターで操って助けさせ、一目惚れから二人を恋仲にし、両者の恋が最高潮に達したときに男性を突如冷酷な性格に変え、そのショックから女性の失恋から発生する心の闇を集めようと企んだ。

偶然街を観光していたミオをトッキュウジャーと知らずにターゲットに決めてクローズに襲わせ、千葉徹という男性を操って助けさせ、恋仲にした。
そしてミオが徹の落とした財布を届けるために弁当持参でデートに臨んで再開した所を狙い、操った徹を豹変させて弁当を踏み躙らせ、同時に町中のカップルを同じような状態にした。

傷心したものの心の闇を発生させないミオの前に現れて挑発し、心の闇を発生させようとしたが吹っ切れたミオがトッキュウ3号に変身したことでようやくトッキュウジャーだったことを知り、クローズと共に立ち向かう。
そして5人そろったトッキュウジャーと戦闘し、3号ピンクのテッキョウクローの強烈な連撃でカッターを破壊され、元に戻った3号のシンゴウハンマーで吹き飛ばされ、レンケツバズーカのレインボーラッシュ「プレゼント倍返し」で出現した巨大なおにぎりに踏みつぶされ倒された。

その直後に闇暴走を起こし自力で巨大化。
整備中で出撃できないトッキュウオーの代わりに出撃したディーゼルオーと戦い、近くの高層ビルから糸を流してディーゼルオーを操ろうとしたが、逆に糸諸共引きずりおろされ、ディーゼルオースピンキックを受け「パワーに負けた!」と叫んで爆死した。

だが彼の集めた心の闇は闇の皇帝を呼び戻す路線製作に十分なほど集められていた。

余談

この回でミオと恋仲になった千葉徹役の恥太郎は過去に『獣拳戦隊ゲキレンジャー』の久津ケン/ゲキチョッパーを演じていた。

関連タグ

シャドー怪人 シャドーライン
ドーラナルシス:この怪人のモチーフがマリオネットシャドーの行った作戦そのものである
織斑一夏:中の人繋がり。マリオネットシャドーはある意味「男に一夏の行為のエスカレート版を強制させる」と言えるかもしれない。

コメント