ピクシブ百科事典

ジャックインザボックスシャドー

じゃっくいんざぼっくすしゃどー

ジャックインザボックスシャドーとは、『烈車戦隊トッキュウジャー』に登場する怪人。名前が長い。
目次[非表示]

「そう、笑いという名の地獄…!」
「何もしてないのに笑いをとるのは、好きじゃないんだよ!」

CV:水島大宙

プロフィール

登場回:第20駅「笑顔は危険」
主:グリッタ嬢
闇形式:グハ12985-20
闇装備:鳩時計系ドア、ジャグリング系棍棒
闇駅名:大笑井
心の闇:自身のギャグで笑った人を吹っ飛ばすことによる苦痛や混乱
シャドー怪人蘊蓄:ボディの箱には、笑いの地獄を見せるネタが沢山詰まっている

概要

様々なギャグを見せて相手を笑わせ、地面から現れたスプリングで吹っ飛ばすことができる(ただし、これは自軍にも発動してしまう)びっくり箱系シャドー怪人。指を鳴らすことで、一発芸から凝ったネタまで、様々な笑いを生み出して笑いの地獄をもたらす。(しかし、虹野明からは「大して面白くない」とバッサリ切られてしまった)また、胸の鳩時計系ドアを開けて白いハトのビーム攻撃を放ち、ジャグリング系棍棒による打撃を繰り出すことが可能。
ピエロを思わせる、いかにもギャグ系怪人な見た目をしており、自身の笑いに自信とプライドを持っている。

グリッタの指揮で闇を集めるよう人間界に侵攻を開始。(その際に「適当に集めて来い」と命令されたため、「俺はいつでも全力だ」と反論した。)誇りを傷つけられた仕返しに、去り際にシュバリエの口から薔薇を咲かせ、グリッタを笑わせて吹っ飛ばしてみせた。
出動したトッキュウジャーに対しては、通りすがりのサラリーマン下着姿になるというギャグで攻撃。送れて明が参戦、能力の正体をバラされるものの、「取っ組み合う力士2人が突如ダンスを踊り出す」というあまりにもシュールな光景を見せることで6号以外にダメ―ジを与えることに成功。しかし笑わない6号の攻撃に負傷し撤退。

その後人々を吹っ飛ばしている際に、ギャグに耐えるべく「笑いの特訓」をしたトッキュウジャーが参戦。小手調べとして彼らに「雪山で遭難しちゃったよ! まだ助かる、まだ助かる・・・マダガスカル!」と国名にかけたボケをかます謎の宇宙海賊を召喚するも耐えられ、逆にトッキュウジャーから「おかしな名乗りポーズ」というネタを見せつけられるもののそれに耐えることに成功。
しかしその場に「ハーモニカを落としたため代わりに縦笛を、しかも調子外れに吹いて登場する」というあまりにもシュールな図の明を前に両陣営とも吹っ飛んでしまう。
戦闘では鳩時計系ドアからのハト攻撃で6号に挑むも、全く敵わずにユウドウブレイカーで貫かれ敗退。

直後闇暴走を起こして巨大化。ディーゼルオートッキュウオービルドダイオーの前に、自身もクライナーロボを2体呼び出し、自身をしんがりに電車ごっこの要領で3連結しての突進で攻撃する。(その際にChooChooTRAINでおなじみのあのダンスをしている。)
しかし突如大笑いを始めた6号(実際は操縦席にいたネコにくすぐられていた)にその他2機がツッコミを入れた際に動いたビルドダイオーがぶつかってクライナーロボの片割れが大破。そのまま笑いながら繰り出されるビルドダイオーのビルドダイオーバケットブレイクを前に、クライナーロボを盾にして防ごうとするもロボごと撃破され爆散した。(その際に「帰らせてもらいますわぁ・・・」と遺した。)

余談

同話でゲスト出演したゴー☆ジャス氏は所謂「特オタ」であることを公表しており、今回の出番を喜んでいたそうだ。

関連タグ

烈車戦隊トッキュウジャー シャドーライン シャドー怪人

コメント