ピクシブ百科事典

ビルとベン(聖剣伝説3)

びるとべん

聖剣伝説3に登場するキャラクターの一組。リースにとっては直接の仇。
目次[非表示]

概要

CV(ToM版で追加):栗津貴嗣(ビル)/内野孝聡(ベン)
ボスキャラクターとして2回主人公たちの前に立ちはだかる。見た目はまんまニンジャ系統の敵モブだがそれぞれちゃんと声優がついている。でも戦いのダメージボイスや攻撃ボイスはモブと同じ。\ハッ!!ウッ!!/

ありし日のナバール


元々はホークアイの所属していたナバール盗賊団の一員でホークアイとも顔見知りであったが本編開始直後の美獣の乗っ取りによるナバール王国の建国に伴い闇堕ち。そのまま美獣の手先としてあらゆる悪事に身を染める。

手始めにリースのいる風の王国ローラントに侵入し、リースの弟エリオットを「雑技団」と騙って風の制御機構へ誘導し、ローラントの防御を破った上でリースのまっ殺案件に乗じてエリオットを誘拐した。誘拐したエリオットはその時点で有用性を見いだせてなかったのか奴隷商に売っている。・・・が、彼は回り回って再びダークキャッスルの面々の下に辿り着き、リース編においては最後の最後まで受難の日々を送ることになる。
そのためリースにとっては親族・居場所と自分の全てを奪った直接の原因であり相当に恨まれている(その後黒幕の美獣及びダークキャッスルの面々について判明すると矛先は元凶の方に向くようになるが)。
ローラント陥落を達成するだけあり実力はかなりのもので、「ナバール王国の支配者イザベラ」として美獣が動く時は側近として常に最前線に立っており、(PTメンバーに入れてない場合に)アマゾネス軍を率いて先行するリースを撃退しているくらいには強い(主人公3人がかりでも苦労するこいつらに単独で挑むNPCリースが悪い気もするが・・・)。

側近として傍にいすぎたせいか、元々そういった邪悪の素質があったかは不明だが盗賊団時代の同僚であるホークアイ必死の呼びかけにも「・・・」だけで一切答えることが無く即座に刃を向け、盗賊団の首領フレイムカーンの娘であるジェシカよりも美獣の命令を優先するレベルで、美獣に完堕ちしてしまっている。

ローラント奪還での敗北後、ナバール付近の炎の谷前で主人公たちと汚名返上の戦闘になるがそこでも敗北して遂に死亡、洗脳の形でとはいえ最期まで忠誠を誓っていた美獣からはほぼ道具扱いでその魂まで消費されるというなんとも報われない最期を遂げる。
まぁリース及びアマゾネスにとっては諸悪の根源であり恨み骨髄な相手ゆえ、仕方ない結末だったかもしれない。


戦闘

ローラント奪還編のラスボス。その後火の精霊に会いに行く旅路の中で2戦目がある。

見た目はニンジャ系モブだがリメイク「ToM」版では難敵として評価されている。

ナバールカラテは実際スゴイ


まずこのビルとベンは戦闘開始前に忍法によって1体のエネミーになる。
この「ビルとベン」は手裏剣による3wayの飛び道具攻撃の他、ホークアイの使う必殺技「影潜り」「背面斬り」や技名の無い一閃技や連続斬り、ステータスダウン効果のある忍法技と多岐にわたる攻撃でこちらを苦しめていく。ボス故にスーパーアーマーを持つのでモブニンジャのように強攻撃で吹っ飛ばして袋叩きもできない。

そしてこいつの本領発揮はHPが半分を切ってから。
ダメージ蓄積によって合体していた「ビルとベン」は、「ビル」と「ベン」に戻るのである。2体に分かれて弱体化したな!と思うなかれ。


ビルとベンは合体前後でステータスが同じである


つまり合体状態でも苦労した敵が同じステータスのまま分裂するのである。そりゃリース負けますわ。

更にリメイクのToM版では分離したビルかベンのどちらか一方を撃破した状態で一定時間(およそ30~50秒)経過すると生き残ってる方が「黄泉がえり」という技を使って一方を復活させるという暴挙に出る
しかもHPの50%を回復させる。ビルとベン分離時の体力がほぼ半分のため、実質的な全回復である。たまったものではない。
つまりほぼ同時に倒さないと延々と終わらない戦いを繰り返すことになり、アイテムとMPが尽きた末に此方が敗北することになる。
更にアップデートで追加されたToM最高難易度の「ノーフューチャー」ではただでさえ強いコイツらが難易度による能力上昇の恩恵を受けた上で15分の時間制限が付くため、一度も「黄泉がえり」を使わせずに倒すことがほぼ必須条件となっている。やってられない。とりあえず手裏剣投げるのやめてください。

ちなみにこれは1戦目、2戦目も同様。それ故聖剣伝説3序盤の詰み要因として恐れられている。とはいえ2戦目となると手の内はわかっているし、急ぎ急ぎで本編を進めてたとしてもみんなクラス2になっていていてそれなりに育成もできているため、ローラント戦よりは苦戦しないで済むだろう。

なお原作版では魔法・クラス2以上の必殺技に反応して必殺技や魔法を使ってくるという敵の仕様を知っていればあまり苦労しない。
直前のジェノアの方が余程難敵である。

関連イラスト

【聖剣伝説3】ローラント侵入作戦
忍法『邪身合体』!!



関連タグ

聖剣伝説3 リース(聖剣伝説) ホークアイ(聖剣伝説) ニンジャ 美獣



堕姫/妓夫太郎  イスラフェル ほぼ同時に倒す必要のある敵たち

関連記事

親記事

聖剣伝説3 せいけんでんせつすりー

兄弟記事

コメント