ピクシブ百科事典

ファイティングフェニックス

ふぁいてぃんぐふぇにっくす

ファイティングフェニックスとは、コミック作品「爆球連発!! スーパービーダマン」に登場するビーダマンである。
目次[非表示]

概要

戸坂玉悟の二代目相棒。後に彼が使用し続けるシリーズの【初代フェニックス】

キングビーダーズのリーダー、伊集院に相棒の赤ボンを破壊されてしまったため

ガンマサラー達が製作した新しいビーダマン

その際に、キングビーダーズの後藤が罪悪と責任を感じ『俺のビーダマンを使ってくれ!』と提供。それにはキングビーダーズのビーダマン独自のホールドパーツ【スリークロウズ】の機構が役に立つはずだから使って欲しいということであった。

製造する際、樹脂に破壊された赤ボンの欠片を混ぜ込んでパーツが製造された。


特徴


大きな特徴は【スリークロウズ】をグレードアップした【デルタシステム】と呼ばれるホールドパーツ。

これは、OSギアと呼ばれる新型オプションパーツに対応していて アームを通して斜めに力をかけられるようになっている。

これは後のフェニックスシリーズやケルベロスシリーズ、応用でワイバーンシリーズに採用される。

立体物


【スーパービーダマン ファイティングフェニックス OSギア・タマゴスペシャル】として販売。

OSギアはパールホワイトの成形色で、パワーウイングがオプションで付属する。

クリアバージョンとブラックバージョンが存在し
前者はOSギアが青、後者はダークブルーになっている。


三爪が採用されたビーダマンは、如何にして誕生したのか?


【強力なドライブショットが撃つことができる】のが特徴である、このスリークロウズは今賀俊氏が誕生させた。

曰く『サラーの持つゴールデンボンの時点で【ドライブショット】の概念はあったのだが、そのパワーは今一つだったため、案を練りに練り上げ生み出したもの』である。

メーカー側が、今賀氏のこのアイディアを製品として上手に組み込み誕生したのが本機となる。

pixivに投稿された作品 pixivで「ファイティングフェニックス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1083

コメント