ピクシブ百科事典

キングビーダーズ

きんぐびーだーず

キングビーダーズとは、「爆球連発!!スーパービーダマン」の劇中に登場するチームの1つである。
目次[非表示]

概要

全日本ビーダー選手権編にてタマゴ達の本戦一回戦終了後に初登場。
メンバーとしてなら本戦に進むための予選終了後の時点で、全員揃って登場している。

チームリーダー伊集院圧政(メイン画像の白髪の少年)、北条明(メイン画像でタブレット(?)を持った少女)、早乙女基夫(メイン画像で伊集院に持ちネタを頼んでいる少年)の3人で構成されており、全員が市松模様のユニフォームを着ており、防具のようなサポーターを着けているのが特徴。
チーム名は書物やサイトによっては『キング・ビーダーズ』とコンマが入った表記になっている場合もある。

捨て石にされた二人のビーダー

全日本ビーダー選手権編で予選開始前の控室でサラー達の前に姿を現した時は、明と早乙女はおらず、かわりに後藤と三上が伊集院のチームメイト(と言うには手下のような扱いだった)として登場している。予選では後藤がビー玉を拾おうとしているタマゴの手を踏みつける、三上がガムをのように吐いて金網の下にある橋を進むガンマの撃ったビー玉を止める、三上が高い所からたくさんのビー玉をばら撒くといった明らかな反則行為を行っていた。
しかし、タマゴのキャノンショット(この時点では『足を使った締め撃ち』という名称だった)の前に敗北してしまう。だがこの時点で伊集院は既に一位抜けで予選を突破していた。
後藤と三上は単なる護衛にすぎず、本当のチームメイトである明はと早乙女は別行動で予選を突破していたのである。(この時点で伊集院は予選開始前から着けていたドッグタグを首からかけておらず、アニメ版では原作と違って着けてこそいたのだが、後藤達に前述の護衛目的で参加してもらったことを話す際にちぎって外して捨てている。)
理由は伊集院曰く『予選で体力を消耗しないための作戦』らしい。だがこの後、本戦出場者達が、マスター攻略王からOSギアを受け取った後に納得できない後藤と三上は伊集院に対して抗議するのだが、それが後に悲劇新しいビーダマン誕生のきっかけとなる。そちらについてはを参照してほしい。

チーム名の由来

和訳すると『ビーダーの王』という意味で、ガンマを「ふざけた名前つけよって……」と呆れさせた。だがチーム名は単なるカッコつけではなく、実力は間違いなく本物で、をひれ伏せさせるように『圧倒的な強さで完全勝利し、圧倒的な実力差を見せつけて対戦相手の心をへし折る』というプレイスタイルが特徴。

その実力、まさに王の如し!

タマゴ達チームガッツと決勝戦で戦うまでは、全て完全試合で勝利しており、作中で確認できる範囲でも

  • 本戦一回戦では、一つ前に行われたタマゴ達の試合での大逆転を再現するように、伊集院の一発のショットだけで勝利している
  • (アニメオリジナルだが)、前述の一回戦での第二試合では、伊集院の明に対しての「一発だけで勝て」という指示に従う形で、明はユンカーユニコーンでの一発のみで勝利している。
  • 準決勝では『T・レックス(チームレックス)』と対戦する。最初はチームレックスのリーダーから握手を求められ、伊集院もそれに応えて『スポーツマンシップがあるようかの態度』を取ったが、伊集院はその後、マスター攻略王がルール説明をしている間、握手した手を汚物に触ってしまったかのようにハンカチで入念に拭いていた。その後のバトルでは、明はすさまじい連射で対戦相手を圧倒し完全勝利、早乙女もアイアンサイクロプス(この時点では両手で隠すように持っていた為一切不明だった)で対戦相手を圧倒し完全勝利して泣かせており、伊集院はそれでも諦めないチームレックスのリーダーをケーニッヒケルベロスを使用したダブルバーストで、ターゲットと一緒に『諦めない心』と一緒に粉々にしてコールドゲームで勝利した。その一方的な試合結果から強い相手とのバトルを好むタマゴですら「こんな一方的な試合、バトルじゃないよ」とドン引きさせていた。

TOPビーダー選手権以降では……

TOPビーダー選手権では全日本ビーダー選手権の決勝でチームガッツに破れているため、出場はしていないのだが、
2回戦終了後からの決勝戦までの期間に、サラーの練習相手として全員揃って再登場した。
(ちなみに、伊集院はTOPビーダー選手権に行く前にトレーニングをしているサラーの前に姿を現している)

関連タグ

爆球連発!!スーパービーダマン ビーダマン スーパービーダマン
伊集院圧政 北条明 早乙女基夫 スリークロウズ

関連記事

親記事

爆球連発!!スーパービーダマン ばくきゅうれんぱつすーぱーびーだまん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「キングビーダーズ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 649

コメント