ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要

かつてガンダムデスサイズを駆り戦っていたガンダムパイロットの一人、デュオ・マックスウェルの数十年後の姿。戸籍名は『ジェームズ・クラーク・マックスウェル』。

過去(EW~FT開始前)

かつてはガンダムパイロット唯一の常識人として知られている彼だったが、実はメンバーの中で最も平和に馴染めない性格だったため、自身のアイデンティティなどに悩んで性格が荒んでしまい、サリィ・ポォからも「心が空っぽになっている」と評されている。


自身の使命を果たして戦争とは無縁になった後、平和にも馴染めず人生の目的を見失った結果、煙草を覚えたり酒浸りになる。そして戦後に同棲していたヒルデ・シュバイカーに数ヶ月で別れ話を切り出され、腕を折られつつ関係が破綻する。その後、テラフォーミング最中でまだ荒廃していた火星に自身が求める世界を求めて移住する。


火星では二代目の相棒となったバイクを飲酒運転状態で飛ばしたあげく、事故で重傷を負う。しかし火星で再会したヒルデの所に転がり込み、プロポーズして結婚する。しかし実は愛があってのことではなく、事故で壊れた相棒(バイク)の修理費用を無心してもらうためという不純な動機で、金だけ借りて用が済むや否や逃走し、再び放浪生活を再開する。

さらなる放浪の後、縁のあった火星在住の神父の元に立ち寄ると、怒り心頭のヒルデと再会。さらに多額の借金の保証人にされていたことが発覚する。この神父もギャンブル狂いで人生を破滅させたというあまり徳の高い人物ではなく、彼の死後、莫大な借金と彼が抱えた孤児院の運営を全て背負わされることになる。(ちなみにデュオ自身は自分が神父に貸した金をチャラにするなど気前のいいことをしていた)


教会で再会したヒルデからは正式に離婚を叩きつけられ、さらに自分の背負った借金返済と自分似の少年を含めた孤児院の子供達を養うため、賞金稼ぎとして火星で生きる決意をする。また離縁したヒルデも、孤児達に愛着が湧いたことから、結局デュオと共に教会の運営に携わり続けている。


シスターとなったヒルデが勝手に名付けたデュオ・マックスウェル(二代目)に自身の名前を譲り、その後は「ファザー・マックスウェル」を名乗る。この名前は火星の裏社会では賞金稼ぎとして名の知れたものになっていた。

そしてキュレネの風と名乗るかつてのゼクス・マーキスと再会する。火星の風土病のせいで年上のゼクスより老けて見える「初老」の風貌とのことだが、オーディオブック等ではかろうじて顔の一部が描かれているが、そこではあまり感じ取れず(口元にはっきりと分かるシワが見える程度)、ナイスミドルといった風貌になっている。またゼクスの娘であるナイナ・ピースクラフトはヒルデが運営する孤児院に預けられている。

その後、孤児院襲撃事件、巨大津波などにより、二代目に生き残るために戦い方を教えてほしいと頼まれ、正式に二代目をガンダムパイロット「デュオ・マックスウェル」の後継者と認める。そしてかつてのガンダムパイロット「ヒイロ・ユイ」に匹敵するパイロットにまで鍛え上げる。


本編

MC22年、地球圏統一国家大統領ドロシー・カタロニアによって、オペレーション・ミュートスが発動する。ファザーはデュオとともに、作戦の成否を握るオーロラ姫を覚醒させるために必要なデータをプリベンター火星支局北極冠基地に届ける。眠りから目覚めたヒイロとデュオに、新型MS「白雪姫」と「魔法使い」に搭乗するように促し、プリベンターと共に戦場をサポートするアドバイザーの立場として作戦を開始する。


そして終戦後にはまさかの火星大統領に就任。新たなる相棒を補佐に戦争で荒廃した火星復興のために尽力する。また、最終的にヒルデは大統領夫人になったことが示唆されており、結局復縁したようである(それでも喧嘩が絶えない関係性らしい)。


実は最終巻でファザーとヒルデが離婚していなかった事実が発覚する。ファザーは離婚したつもりでいたが、ヒルデは離婚届を提出していなかったのである。ヒルデが離婚届を提出しなかった理由を語られることはなかったが、それでも大統領と大統領夫人にまで上り詰めた二人の縁は切っても切れないものだろう。


後日談

FTのその後を描いた短編コミカライズ「ガンダムW Frozen Teardrop 静寂の終曲」においてヒイロとリリーナの会話シーンにて登場する。

火星都市部にてファザーとヒルデとデュオ(二代目)の3人の姿と、大統領補佐となった相棒の姿が映し出されている。

リリーナ曰く、ファザーは2代目火星大統領のはずであると主張するも、ヒイロは「あいつなりにお前には敬意を払っている」との事。


設定について

劇中では比較的童顔だったデュオが老けたことにショックを受けたファンも多かったが、それだけに他のガンダムパイロットにはない渋さを醸し出している。また、あまり褒められた生活をしていないデュオを非難する声もあったが、反面人間離れした性格をしていた他のメンバーにはない「人間臭さ」を評価する声もあった。オーディオドラマでも本編と同様に関俊彦が再演。渋みを加えた演技を披露じている


一見すると無理がある設定と思われるが、アニメ本編は勿論、小説版や漫画版等で描かれてきた描写が伏線となったと解釈できる。デュオは「ガンダムチームの中では常識人」ではある。しかし本編での設定や描写でも、孤児として生まれ幼少期には凄惨な経験をし思春期には工作員として血腥い人生しか送っていない。さらに他のメンバーと比べてコミュニケーション能力の高い性格も相まって、なまじ世間と交流できてしまっていたデュオは、一般人と自身の間の「常識」や「平穏」に大きな齟齬があったことに気付けなかった。平和になった世界で、自身のアイデンティティと世の中との齟齬が余計に明白になり、上手く日常に馴染むことができなかったのである。

コールドスリープ状態だったヒイロや、プリベンターとしてある意味戦い続けてきた五飛はさておき、もともと良いところのお坊ちゃんな上に実家の運営に全く馴染めないながらもマグアナック隊や姉たちに支えられていたカトルや、キャスリン達と共にサーカス団を続けていたトロワと比べると周りに人がいなさ過ぎたのも原因であろう。パートナーとして傍にいたヒルデも彼らガンダムパイロットに比べれば幾分普通の少女であり、彼が背負ってきたものを理解して支えろというのも無理な話である。


転落人生ばかり取り沙汰されがちだが、子供達を養いつつ導き手として再起し、他の面々とは違う形で平和を模索。最後に大統領にまで上り詰める大逆転劇を起こす姿は、本編以上の見所と言えるだろう。デュオ自らをして「クズ」と称する程に人生の底辺を這いずり回った過去や賞金稼ぎとして知られた名を通じて「泥水をすすりどんな手段を使っても生きる」という精神が、過酷な環境で生きる火星住人の共感を呼ぶ結果となる。


「そうさ!オレはサイテーのクズ野郎さ!だからこの星が一番似合っている!でもな、考えてもみろよ、ここが一番の底辺なら、あとは楽に上がっていけるぜ。どんなクズ野郎にだって階段を上る権利はある!」


「いつまでも俯いてねえで、あんたらも一緒に上ってみねえか?」


逆境から這い上がっていく様こそデュオの本質なのだろう。


関連項目

FrozenTeardrop

タカの誇りある外部出演作品におけるファザーの親友。かの世界でFTの事件が時系列通りに起きている場合、タカの誇りはファザーとの関係も書いた自伝を同時期に出している

関連記事

親記事

デュオ・マックスウェル でゅおまっくすうぇる

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 16754

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました