ピクシブ百科事典

フィウメ(重巡洋艦)

ふぃうめ

イタリア海軍が建造した重巡洋艦。
目次[非表示]

→ 詳細はwikipedia:フィウメ_(重巡洋艦)へ。

概要

イタリア海軍が建造したザラ級重巡洋艦2番艦。
艦名は、アドリア海に面するクロアチアの都市「リエカ」のイタリアでの呼び名「フィウーメ」から。

1929年4月29日起工、1930年4月27日進水、1931年11月23日竣工。

1936年7月17日、スペイン内戦が勃発。海上監視のため派遣される。
1939年4月7日、イタリア軍がアルバニアに侵攻。イタリア陸軍の上陸を援護する。
1940年7月9日、カラブリア沖海戦に参加。
11月27日、スパルティヴェント岬沖海戦に参加。

1941年3月26日、アレクサンドリアからギリシャへ向かうイギリス輸送船団を目標としてタラントより出撃。
3月28日、輸送船団の護衛に出撃したイギリス海軍とクレタ島西岸沖で交戦(マタパン岬沖海戦)。夜、ザラ、駆逐艦4隻と共に、損傷したポーラの救援に向かったが、イギリス海軍の攻撃を受け、撃沈される。

マタパン岬沖海戦では、ザラ、ポーラ、駆逐艦ヴィットリーオ・アルフィエーリジョズエ・カルドゥッチも沈没した。
イギリス艦隊が近距離に居るにもかかわらずイタリア艦隊司令長官アンジェロ・イアキーノ中将がポーラの救援を命じたのは、それまで空軍からの情報が誤報だらけだったので陸上からの英艦隊の観測を信じたが、それも間違っていた為と言われる。

姉妹艦

1番艦:ザラ(重巡洋艦) 3番艦:ポーラ(重巡洋艦) 4番艦:ゴリツィア(重巡洋艦)

外部リンク

wikipedia:フィウメ_(重巡洋艦)

関連タグ

重巡洋艦 イタリア海軍 ザラ級重巡洋艦 クロアチア リエカ

コメント