ピクシブ百科事典

フライング・キッパー

ふらいんぐきっぱー

きかんしゃトーマスに登場する専用鮮魚貨物列車。
目次[非表示]

概要

主にヘンリーが牽引する深夜貨物列車。ティドマス港またはブレンダムの港から、魚を沿線の各駅に輸送する列車である。

登場初期は途中で必ず大惨事レベルの事故が起こり、一度も目的地に着いたことが無かったため、「呪われた列車」としばしば呼ばれていた。ただ、CGアニメに移行してからは、大きな事故なく運行できた回もみられるようになっている。

事故の内容

一回目

初めて「フライング・キッパー」が登場した回で題名も「フライング・キッパー」だった。
途中までは順調に走っていたが、ポイントの凍結と積雪による信号機の誤指示(トーマスの世界では列車用信号機は腕木式を採用しており、積雪によって腕木が下に下がり「進め」を表示していた)によって気づかぬうちに待避線に入ってしまい、そこで通過待ち合わせをしていた別の貨物列車に猛スピードで追突。ヘンリーは脱線してしまい修理工場に行くことになった。(なお、ポイントと信号機については日本語版では違う理由になっているがこれは訳の間違いで、上記のものが本来の理由である)

二回目

ダッグが後ろから押して先頭車両のヘンリーの負担を減らすという方法でゴードンの丘を登る予定だったが、古い貨車を使用していた為に最後尾車両のテールランプが丘の途中で外れて落ちてしまい、最後尾車両との距離がわからなくなったダッグがそのまま追突してしまうという事故が発生してしまった。(ダックはゴードンの丘で役目を終えるため、貨車と連結されていなかった。)

三回目

海辺の路線が高波によって地盤が崩れかかっており、住民とトーマスの機関士らによって赤のランプと旗が設置されていた。
しかし、連絡がうまくいかずにヘンリーが港を出発、海辺の路線では霧がでており、ランプと旗の発見が遅れ、列車もろとも脱線し海に転落してしまった。
場面によって列車の編成が違い、港から信号所までが11両+ブレーキ車だが、海辺の路線では9+ブレーキ車だった。

関連タグ

きかんしゃトーマス
ヘンリー(きかんしゃトーマス) こりゃあうまいココアだぜぇ!!

pixivに投稿された作品 pixivで「フライング・キッパー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 454

コメント