ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴
ノース・ウェスタン鉄道
3

ノース・ウェスタン鉄道

3

のーすうぇすたんてつどう

ノース・ウェスタン鉄道(North Western Railway)はイギリスのソドー島に施設された架空の鉄道である。

概要

ノース・ウェスタン鉄道は、イギリスの架空の島であるソドー島に施設された線路幅1435mm(標準軌)の架空の鉄道である。


通称は、『ソドー鉄道』である。


汽車のえほんとそれを原作とするきかんしゃトーマスの舞台となる鉄道の一つであるが、媒体によって設定に違いがあるので、媒体別に解説を行う。


汽車のえほんでのノース・ウェスタン鉄道

歴史

誕生経緯

ソドー島には元々、ソドー・アンド・メインランド鉄道ティッドマス・ナップフォード・アンド・エルスブリッジ軽便鉄道ウェルズワーズ・アンド・サドリー鉄道の3つの線路幅1435mm(標準軌)の鉄道が存在した。

1912年、ティッドマス・ナップフォード・アンド・エルスブリッジ軽便鉄道ウェルズワーズ・アンド・サドリー鉄道が合併し、ティッドマス・ウェルズワース・アンド・サドリー鉄道となる。

1914年、ティッドマス・ウェルズワース・アンド・サドリー鉄道ソドー・アンド・メインランド鉄道が合併し、現在のノース・ウェスタン鉄道として誕生することとなった。

国鉄編入

当初、ノース・ウェスタン鉄道は私鉄だったのだが、原作第6巻原作第7巻の間で国有化されました(原作第3巻には『この私有鉄道はこの本から国有となります』と書いてあるが、この時点ではまだ私有鉄道のままである)。

しかし、国有化されたものの、運営はノース・ウェスタン鉄道独自で行えるようで、イギリス国鉄が蒸気機関車を全廃したにもかかわらず、蒸気機関車を運用し続けていたことが、何よりの証拠である。

歴代重役・局長

初代 トップハム・ハット卿

2代目 チャールズ・トップハム・ハット卿2世

3代目 スティーブン・トップハム・ハット卿3世

所有路線

1914年時点では、合併した鉄道が持っていた『本線』・『ファーカー線』・『ブレンダム線』・『ノランビー線』・『カーク・ローナン線』の5本の路線から構成されていた。

1916年、ノース・ウェスタン鉄道始まって以来初の新規路線、『アールズバーグ線』が開通しました。

1923年、ノース・ウェスタン鉄道で2番目の新規路線、『ピール・ゴッドレッド線』が開通しました。

1947年、交通量の減少から『アールズバーグ線』の閉鎖の申請をするが許可されず、最低限の運用を続ける事とした事実上の廃止状態になった。

1966年、アールズバーグ港の再開発により『アールズバーグ線』の本格的な運用を再開する。

所有機関車

本線

ファーカー線

ブレンダム線

アールズバーグ線

ピール・ゴッドレッド線

元所属・貸出の機関車

本線

ファーカー線

所属客車

本線

  • 救援客車
  • お召し列車に使用された客車

ファーカー線

アールズバーグ線

所属貨車

本線

ファーカー線

アールズバーグ線


きかんしゃトーマスでのノース・ウェスタン鉄道

きかんしゃトーマスでは、原作の汽車のえほんに準拠している点も多いが、変更点も多い。

局長の違い

汽車のえほんでは、時間軸が進むのだが、きかんしゃトーマスでは時間軸が止まっているようで、局長はバートラム・トップハム・ハット卿のみしかいない設定となっている。

所有路線の違い

上述した『本線』・『ファーカー線』・『ブレンダム線』・『ノランビー線』・『カーク・ローナン線』・『アールズバーグ線』・『ピール・ゴッドレッド線』は存在している。


しかし、オリジナルの路線で、『ウルフステッド線』・『トビーの支線』・『ステップニーの支線』・『ループ線』・『キルデイン線』・『クワーリー線』・『ミスティー・バレー線』・『ブラック・ロッホ線』・『ハーウィック線』が追加されている。

所有車両の違い

基本的に原作のキャラクターも登場する。が原作後期のキャラクターは登場しない傾向が多い。


登場しない車両としては、


機関車だと、『ベアー』・『ピップ』・『エマ』・『ピール・ゴッドレッド線の電気機関車』・『工場のディーゼル』が、

客車だと、『イザベル』・『ダルシー』・『アリス』・『ミラベル』・『ビクトリア』が、

貨車だと、『N.C.B.』・『フレッド・ペレイ』・『リキティー』・『U.L.P.』・『エルシー』が


挙げられる。


逆に、原作ではいなかったオリジナルキャラクターや原作では所属が違う車両が所属していることになっている。


関連タグ

汽車のえほん きかんしゃトーマス


カルディー・フェル鉄道 スカーロイ鉄道 アールズデール鉄道

ミッド・ソドー鉄道

概要

ノース・ウェスタン鉄道は、イギリスの架空の島であるソドー島に施設された線路幅1435mm(標準軌)の架空の鉄道である。


通称は、『ソドー鉄道』である。


汽車のえほんとそれを原作とするきかんしゃトーマスの舞台となる鉄道の一つであるが、媒体によって設定に違いがあるので、媒体別に解説を行う。


汽車のえほんでのノース・ウェスタン鉄道

歴史

国鉄編入

当初、ノース・ウェスタン鉄道は私鉄だったのだが、原作第6巻原作第7巻の間で国有化されました(原作第3巻には『この私有鉄道はこの本から国有となります』と書いてあるが、この時点ではまだ私有鉄道のままである)。

しかし、国有化されたものの、運営はノース・ウェスタン鉄道独自で行えるようで、イギリス国鉄が蒸気機関車を全廃したにもかかわらず、蒸気機関車を運用し続けていたことが、何よりの証拠である。

所有路線

1914年時点では、合併した鉄道が持っていた『本線』・『ファーカー線』・『ブレンダム線』・『ノランビー線』・『カーク・ローナン線』の5本の路線から構成されていた。

1916年、ノース・ウェスタン鉄道始まって以来初の新規路線、『アールズバーグ線』が開通しました。

1923年、ノース・ウェスタン鉄道で2番目の新規路線、『ピール・ゴッドレッド線』が開通しました。

1947年、交通量の減少から『アールズバーグ線』の閉鎖の申請をするが許可されず、最低限の運用を続ける事とした事実上の廃止状態になった。

1966年、アールズバーグ港の再開発により『アールズバーグ線』の本格的な運用を再開する。

元所属・貸出の機関車

本線

きかんしゃトーマスでのノース・ウェスタン鉄道

きかんしゃトーマスでは、原作の汽車のえほんに準拠している点も多いが、変更点も多い。

局長の違い

汽車のえほんでは、時間軸が進むのだが、きかんしゃトーマスでは時間軸が止まっているようで、局長はバートラム・トップハム・ハット卿のみしかいない設定となっている。

所有路線の違い

上述した『本線』・『ファーカー線』・『ブレンダム線』・『ノランビー線』・『カーク・ローナン線』・『アールズバーグ線』・『ピール・ゴッドレッド線』は存在している。


しかし、オリジナルの路線で、『ウルフステッド線』・『トビーの支線』・『ステップニーの支線』・『ループ線』・『キルデイン線』・『クワーリー線』・『ミスティー・バレー線』・『ブラック・ロッホ線』・『ハーウィック線』が追加されている。

所有車両の違い

基本的に原作のキャラクターも登場する。が原作後期のキャラクターは登場しない傾向が多い。


登場しない車両としては、


機関車だと、『ベアー』・『ピップ』・『エマ』・『ピール・ゴッドレッド線の電気機関車』・『工場のディーゼル』が、

客車だと、『イザベル』・『ダルシー』・『アリス』・『ミラベル』・『ビクトリア』が、

貨車だと、『N.C.B.』・『フレッド・ペレイ』・『リキティー』・『U.L.P.』・『エルシー』が


挙げられる。


逆に、原作ではいなかったオリジナルキャラクターや原作では所属が違う車両が所属していることになっている。


コメント

コメントはまだありません

pixivに投稿されたイラスト

すべて見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ

おすすめ記事

pixivコミック 週間ランキング

  1. 1

    【表紙】雪広うたこ 【漫画】朝賀 庵/ASH/ウエハラ蜂/蝦夷森わに/小道明奈/samesuke/シータコマーチ/嶋次郎/世禕/タロ名/ととふみ/外岡もったす/ながべ/はかた/花森玉子/榛名ハル /ホームラン・拳/梁阿渣

    読む
  2. 2

    漫画:白梅ナズナ/原作:まきぶろ/キャラクターデザイン:紫 真依

    読む
  3. 3

    原作:みなと 漫画:吉たか結衣 キャラクター原案:霧夢ラテ

    読む

pixivision

カテゴリー