ピクシブ百科事典

ファーカー線

ふぁーかーせん

ファーカー線は、『汽車のえほん』とそれをベースとする『きかんしゃトーマス』に登場するノース・ウェスタン鉄道の路線の一つである。
目次[非表示]

概要

本線は『汽車のえほん』とそれをベースとした映像作品の『きかんしゃトーマス』に登場するノース・ウェスタン鉄道の路線の一つで単線の支線である。

汽車のえほん』と『きかんしゃトーマス』では設定が異なるため、媒体別に解説を行う。

汽車のえほんにおいての本線

概要

ノース・ウェスタン鉄道の路線の一つでノース・ウェスタン鉄道の支線の一つである。
作中では「トーマスの支線」と呼ばれている。

全線開通は1925年だが、ティッドマス駅からエルスブリッジ駅の区間はティッドマス・ナップフォード・アンド・エルスブリッジ軽便鉄道時代の1885年に開通している。

輸送状況

本線での輸送は以下の通りとなっている。

旅客

旅客に関してはナップフォード駅からファーカー駅で運用が行われていますが、一部運用では本線の急行のワイルド・ノーウェスター号の客車1両を取りに行くためティッドマス駅に発着する運用がある。
また、ファーカー採石場会社のアノファ採石場の作業員を輸送する運用が必要に応じて1日に4本運用されている。

貨物

貨物に関しては、石、農産物、乳製品、ウランなどが輸送される。

路線

ファーカー線はファーカー駅からドライオー駅を経由してナップフォード駅を結ぶメインの路線とトリレック駅からドライオー貨物駅を経由してナップフォード・ハーバー駅を結ぶ貨物線からなっている。

ナップフォード駅は1956年以前はエルス川以南にあり、1956年にエルス川以北に移設されている。
そのため、1956年以前は移設前のナップフォード駅からドライオー駅(現在のドライオー貨物駅)を経由してファーカー駅に到達する現在の貨物線の一部がメインの路線の一部となっている方式だった。

路線図

ナップフォード駅ナップフォード・ハーバー駅
ドライオー駅ドライオー貨物駅
トリレック駅
エルスブリッジ駅
ハッケンベック駅
ファーカー駅

1956年以前の路線図

ナップフォード駅
ドライオー駅(現在のドライオー貨物駅)
トリレック駅
エルスブリッジ駅
ハッケンベック駅
ファーカー駅

運用車両

現在の運用車両

トーマス
パーシー
トビー
デイジー

アニー
クララベル
ヘンリエッタ
ビクトリア
エルシー

過去の運用車両

コーヒーポット → ティッドマス・ナップフォード・アンド・エルスブリッジ軽便鉄道向けに1905年~1908年に掛けて4両の機関車が製作され、ファーカー線で引き続き運用していたが、路線延長により石材輸送の任が増えるが重い石材輸送で暴走したため予備となる。のちにトビーが仕事に加わったため必要性が薄まり、1951年に引退したのではないかと言われている。

その他

メイビス → ファーカー採石場会社所属のディーゼル機関車で、以前はアノファ採石場の貨車入れ替えが仕事だったが、現在はそれに加えファーカー駅の操車場まで石材を運ぶ仕事を行っている。

きかんしゃトーマスでのファーカー線

概要

原作を準拠している点もあるがオリジナルの設定が加わっている。

路線の違い

原作には存在しない駅がいくつか追加されている上、路線数も1本から2本に追加されている。

追加駅

・運動場駅 → トリレック駅からエルスブリッジ駅の間にある駅
・メイスウェイト駅 → エルスブリッジ駅からハッケンベック駅の間にある駅

運用車両の違い

運用車両の違いとしては以下のとおりである。

きかんしゃトーマスに未登場のビクトリアエルシーはもちろん入っていない。
またデイジーがオリジナルの路線であるハーウィック線の担当になったり、他の機関車もファーカー線以外にも掛け持ちと思われる運用を持っていたりと原作と設定が異なる。
また、オリジナルキャラクターも運用を担当している。

関連タグ

汽車のえほん きかんしゃトーマス
ノース・ウェスタン鉄道

ノース・ウェスタン鉄道の路線
本線 ファーカー線 ブレンダム線 ノランビー線 カーク・ローナン線
アールズバーグ線 ピール・ゴッドレッド線

関連記事

親記事

ノース・ウェスタン鉄道 のーすうぇすたんてつどう

兄弟記事

コメント