ピクシブ百科事典

ブルータス

おまえもか

一般的には古代ローマの姓、ブルトゥス(ブルートゥス)の英語読み。

1.古代ラテン語で「鈍間」の意味(馬鹿に近い使い方だった)
2.ローマ人の姓
2-1.古代ローマ共和国初代執政者(古代ローマ王を追放し共和政ローマを開く):「ルキウス・ユニウス・ブルトゥス」Lucius Iunius Brutus 生没年不明
2-2.カエサル暗殺の首謀者として有名な古代ローマの政治家。2-1.の末裔。本項目で詳述。

ブルータスは、古代ローマの家族名ブルートゥスの英語読みしたもの。
主に共和政ローマ末期の政治家でガイウス・ユリウス・カエサル暗殺の首謀者の1人、マルクス・ユニウス・ブルトゥスを指す。

概要

共和政ローマ末期において元老院議員として政治的キャリアを重ねた。
終身独裁官となったカエサルに権力が集中することを危険視したほかの政治家達(共和主義者)と共に、紀元前44年3月15日にカエサルを暗殺する。

カエサル崇拝者の塩野七生あたりでしかローマ史に触れることもなく、半可知識に後世の人間の後知恵でしか歴史を見ない人間にとってはブルトゥスら共和派の挙行はただ愚かな事象にしか映らないのだろう。しかしもちろんそれは単なる知識不足に由来する。
例えばヒルティウスとパンサが「偶然にも」ともに戦場にて倒れなかったら、としただけでその後の展開は全く異なり「愚か」などという傲慢な評価は出て来ようがないだろう。

ブルトゥスらはカエサル暗殺ののちローマを離れたが上述の偶然によってアントニウス軍と対決していた二人のコンスルが横死したことによりオクタウィアヌス、アントニウス、レピドゥスによる第2回三頭政治が成立、ローマは彼らによって制圧される。

その後紀元前42年10月23日のピリッピの戦いで、オクタウィアヌス、アントニウス連合軍に敗北し、自決した。

関連タグ

カエサル
ブルータス、お前もか

pixivに投稿された作品 pixivで「ブルータス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 262503

コメント