ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

ベビィチコ

ちこさま

『スーパーマリオギャラクシー』『スーパーマリオギャラクシー2』に登場するキャラクターであり、数あるチコの中の一人。
目次 [非表示]

「ボクが…いつか星になっても…マリオの事…忘れない!」


概要

スーパーマリオギャラクシー』で初登場したチコ族の中では薄い白色をしている。

立ち位置は『1』と『2』とで異なるが、共通点としてはマリオとルイージにスピンで攻撃できる能力を与える事が挙げられる(実際、スピンジャンプで攻撃する事はあってもスピンで直接攻撃する事は無かった)。『1』では台詞が無かったが『2』で設けられ、「ベビィ」の名の付く通り幼気のある口調となっている。

ちなみに『1』では「ベビー」だったが『2』以降では「ベビィ」となっている。


活躍

スーパーマリオギャラクシー

マリオがカメックの襲撃によってヘブンズドアギャラクシーに飛ばされた時、ロゼッタから授けられることによってマリオとベビィチコに接点が生まれる。

エンディングでは、クッパを討伐した際に発生した際に発生したブラックホールを、他のチコと共に犠牲になって食い止め、その際にはマリオに別れの挨拶をするような仕草をしていた。トゥルーエンドでは、ヘブンズドアギャラクシーに放置された、壊れたキノコ船から新たなベビィチコが誕生していた。

なお、プロローグではピーチ姫がベビィチコにそっくりなオブジェを持っていたが関連性は不明。

スーパーマリオギャラクシー2

ほうき星の天文台がクッパに襲われた際にベビィチコがマリオの元に流れ着き出会うという、前作とは逆の立場となっている。マリオがピーチ姫に会う前に出会ったため、ベビィチコとピーチ姫は本格的に対面しており、エンディングではベビィチコがマリオの帽子を持って帰りつつ二人に別れを告げていた。

なお、同族からは「チコ様」と呼ばれており、キノピオクリボーのように種族名で呼ばれることは多かったが、同族・他種族問わず「様付け」で呼ばれる事はかなりの異例となっている。


関連タグ

スーパーマリオギャラクシー スーパーマリオギャラクシー2

ロゼッタ(スーパーマリオ) マリオ(スーパーマリオ)


表記揺れ

ベビーチコ

関連記事

親記事

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1175

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました