ピクシブ百科事典

  1. インフォメーション・ペーパー?同人活動における宣伝用チラシのようなもの。カット+文字情報という構成が多い。たいてい無料頒布。「チラシ」や「ビラ」と呼ばない理由は、商業用のものと分ける為であろうか。


後者の同人活動に於けるペーパーについて述べる。

サイズはA5かB5が主流で表裏2ページかA4,B4を2つ折りにして4ページが多い。
下手な同人誌よりも量のある小冊子で発行しているところも。
その内容は日記めいた近況、イラスト(お題募集する場合も)、最近の萌え語りなど2021年現在は個人ウェブサイトやSNSなどで行われているようなものが色々詰まっていた。
定期発行しているサークルなどは特にペーパーにタイトルをつけており、サークル名やペンネームに続くネーミングセンスの見せ所だった。

重要なのが同人誌自家通販のカタログとしての面である。
タイトル,ジャンル,概要と判型,重量(重量で送料が決まるため…なお郵便サービスを利用することが殆どだったため送料は日本国内なら共通だった),そしてサークルの連絡先――今はにわかには信じられないだろうが住所と本名――などの通販に必要な情報が掲載されており、自家通販する際はまず(自分宛の宛名を様まで書き、切手を貼付した返信用封筒を送って)ペーパーを取り寄せて在庫確認するのが作法だった。
中にはサークル情報ペーパーと通販用ペーパーを別個に発行しているサークルがあったりと千差万別だった。
ペーパーの定期購読というものも実施しているサークルがあり、同人誌通販のように(ペーパーの場合はたいてい無料なので送料分の)定額小為替を送付すると一定期間発行ごとに送ってくれたりした。
このあたりは同人誌が会員制サークルの会報だった名残を残していたといえるかもしれない。
同人誌を手に入れるにはイベントで直接頒布を受けるか自家通販しかなかった時代であり、サークルも読者も顔を知っていたのでフリートークは割とあけすなな内容で、高校で活動開始→受験で休止→合格で再活動→たのしいがくせいせいかつ→就活の愚痴→就職→仕事の愚痴→結婚→出産育児で引退という人生が赤裸々に描かれたのを見た事があるがそれはSNSも同じだろうか。

ペーパーの取寄を依頼された際に友達や知り合いのペーパーを同時に送る事もあり(可,不可を選べた場合もある)、新しいサークルの開拓に寄与した一方で詰め込みすぎて郵便料金不足、受取人が払ったり拒否されて送り返されたりという悲劇にもなっていた。

オフセット印刷の場合はその印刷所の印刷を測るバロメータとしても機能していた。もちろんペーパー印刷のセットもあった。

インターネットへの過渡期にはFAX情報サービスに登録しているサークルもあったり。

インターネットにその役目を奪われた面もあるものの、もちろん現在も健在でサークルのセンスや世界観を反映したペーパーが発行されている。

関連記事

親記事

かみ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ペーパー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4337673

コメント