ピクシブ百科事典

ホッキョクウサギ(けものフレンズ)

ほっきょくうさぎ

『けものフレンズ』の登場キャラクター(メイン画像は旧デザイン)。
目次[非表示]

概要

CV:下地紫野(NEXONアプリ版)/薄井友里(セガゲーム版)

北米大陸のツンドラ地帯に生息するホッキョクウサギフレンズ

青いリボンに白い肩掛け付きのフワフワコート、縦ロールの髪形とお嬢様風の姿になっている。
本来は季節ごとに体毛が生え変わるが(夏場は岩場に合わせて茶色やグレー、冬場は雪に合わせて真っ白に)、その姿から冬毛のままフレンズになった模様。

ほっきょくうさぎ。


2017年のファミリーマートとのコラボにおけるクリスマスキャンペーンではデザインが変更され、長くなった肩掛けコートの下には青いフリルドレスが覗き、下は白タイツの上からドロワ風のハーフパンツとなっている。
また、閉じていた目が開いており、焦げ茶色の瞳の垂れ目となっている。

NEXONアプリ版

ウサギ目の中でも最も大きくなってしまうホッキョクウサギは、油断ならないのでダイエットに余念がないです。
極寒地方はお手の物ですから、雪原はお任せです。
手と鼻で雪を掘るのも得意ですよ。

おっとりとした雰囲気とは対照的に、やる時はガンガン行くタイプ。
元の動物の体型が「太りやすい」という形で特徴になってしまっているようで、体系維持に余念がない。

レアリティ☆3のピュア属性。
攻撃タイプは近距離型。
サイズはM。
得意地形は雪原、苦手地形は砂地。
グループは無所属。
スキルは先頭の敵1体に攻撃力の5倍のダメージをあたえる「ウサウサドロップキック」。

ブシモアプリ版

ゆきやまエリア解放と共に観察可能になったフレンズの一人。
NEXON版同様に太りやすい体質らしく、本人もそれを気にしてダイエットのために雪山を走り回ったりしている。
かくれんぼと駆けっこを好み、雪山にいるフレンズ達とよく遊んでいる。
自分の足の速さにも自信があり、博士から聞いたとある話が信じられないが為に寒い所が苦手なアカミミガメを雪山にまで連れ出して駆けっこ勝負をしようとするなど無茶をする事も。

珍しい行動は「お友達になりましょー」。「雪のうさぎ」で披露する。
雪うさぎの置き物に並ぶように地面に四つん這いになる。

セガゲーム版

アプリ版

性格はNEXON時代とほぼ同じで、食欲旺盛な一方で体重が増えるのを気にして食事をセーブしようとしているが、その度に飼育員のナナから無理なダイエットをしないように注意を受けている。
ブシモ版の一部設定が取り入れられているようで、本作ではアカミミガメと仲が良い様子。

メインシナリオでは7章に登場。
ホッカイチホーで白セルリアンに襲われた所を探検隊に救出される。
プレイヤーにヒトは何をしたら元気になるかと聞いてきたり、食事に誘われても「用事を思い出した」と言ってそそくさと立ち去ったり、何やら挙動不審な動きをしているが、その理由は……

ゲーム内ではレイドイベント「ジャパリパーク立ち入り禁止区域 解除開始」2020年6月開催時に実装された限定しょうたいより、アイテム交換にて入手できた。
初期けも級は☆4。属性はラブリー。

とくせい極寒仕様!ひやひや耐性(高)増加+地形が寒冷地の場合、与ダメージ15%増加&被ダメージ15%減少
たいきスキル冬支度ラブリー属性の味方のMP5増加
とくいわざダァーっとアタック!敵単体に120%のダメージ
けものミラクル頑張った自分へのご褒美3ターン味方全体の与ダメージ増加&被ダメージ減少&ラブリー属性の味方のどく状態解除

実装直後はCVが収録されておらず(恐らくは現在世界中で問題となっている新型コロナウイルスの影響と思われる)、後日アップデートにて実装された。

アーケード版

現時点でユニット実装されておらず、スキルカードにも姿は確認されていない。

関連タグ

けものフレンズ ウサギ(けものフレンズ)
ホッキョクウサギ

関連記事

親記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ホッキョクウサギ(けものフレンズ)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 194504

コメント