ピクシブ百科事典

ボロジノ級巡洋戦艦

ぼろじのきゅうじゅんようせんかん

ロシア帝国海軍が建造する予定だった巡洋戦艦の艦級
目次[非表示]

概要

ロシア帝国海軍が建造する予定だった巡洋戦艦の艦級。
艦級名の「ボロジノ」はモスクワ州西部のモジャイスキー地区にある村で、ナポレオン戦争の古戦場。

日露戦争によってロシア帝国海軍は主力艦のほとんどを喪失し、1908年、海軍再建に向けた10ヵ年計画のバルチック艦隊用巡洋戦艦として建造が計画された。基本設計はガングート級戦艦を踏襲するが一回り以上大きく、ロシア帝国海軍初の弩級戦艦となるはずであった。艦首は高速を出すため船首楼甲板を採用する。
建造時期が第一次世界大戦と重なってタービンベアリングなどの部材が輸入できず、主砲の開発にも失敗したため、進水後建造中止となった。
ソ連時代にイズミール航空母艦へと改装する計画もあったが、破棄された。

性能諸元(計画)

常備排水量32,500t
満載排水量36,646t
全幅30.5m
全長223.85m
吃水8.81m
機関ヤーロー式重油・石炭混焼水管缶25基+パーソンズ式直結タービン4基4軸
最大出力66,000hp
最大速力26.5kt
航続距離16kt/3,830浬
武装1913年式52口径356mm三連装砲塔×4基、1913年型55口径130mm単装速射砲×24門、50口径75mm単装速射砲×4門、64mm単装高角砲×4門、45cm水中魚雷発射管×6基
乗員1,250名


同型艦

ボロジノ
1915年進水。1923年解体処分。

イズミール
1915年進水。1931年解体処分。

キンブルン
1915年進水。1923年解体処分。

ナヴァリン
1916年進水。1923年解体処分。

前級:ガングート級戦艦
次級:なし

関連タグ

ロシア帝国海軍 巡洋戦艦 弩級戦艦

コメント