ピクシブ百科事典

マキシマム

まきしまむ

英語で最大、最高を表す形容詞だが本項では「ダイの大冒険」に登場する敵キャラクターを扱う。
目次[非表示]

概要

大魔王バーンが愛用する超金属製のチェスの駒から変化した金属戦士軍団を統括する生きた駒(リビング・ピース)と呼称するカテゴリーに含まれる生命体。年齢は345歳
指揮能力に長け、配下の超金属戦士を使役するも、弱った敵しか狙わないためミストバーンからは「大魔宮の掃除屋」と蔑まれている(ヒムからは「ひ、ひでぇ、まるで盗賊かハイエナじゃねえかよ」と呆れられ、ヒュンケルからも「おまえはクズだ…!!生かしておく値打ちもないっ…!!」と吐き捨てられていた)。

現在までの戦果を悪魔の目玉から収集した情報が頭脳に蓄積されキングスキャン、スーパースキャンを駆使し検索し相手の能力を引き出す。
だが、彼の能力はその知力とスキャン能力以外にはポーンとあまり変わらず、配下の力を借りなければチェスの王と同じく無力であり、単騎での戦力は超金属オリハルコンの硬度を利用した馬鹿力での打撃のみである(まあそれでもポーンよりはマシかと思われるが)。
また非常にバカであるゆえに、スキャン能力も使いこなせているとは言い難い。
配下の超金属戦士にしても、ハドラー親衛騎団とは違ってただの「いいなりの人形」でしかなかったためヒュンケルに一蹴されてしまっていた。

死力を尽くして戦い抜き消耗仕切ったヒュンケルとヒムの前に現れ止めを刺しに親衛騎団以外の超金属軍団で襲わせるも、無刀陣を利用したカウンターで次々倒された。
最後の手段として動けないヒムをバーンパレスから突き落そうとして非情に成りきれない弱点を突くも、逆王手寸前に復活したラーハルトの槍さばきで残存の兵士と共に切り刻まれた。

必殺技は持っていなかったが実力はそれなりに高く(この時点でヒムはラーハルトの動きを目視できたが、マキシマムは全く気付かず、彼らには劣る)、心理的トラップを仕掛けられる可能性なども考慮するほど頭は回るが、なまじ頭が切れるためにラーハルトとヒムの「動けば命の保証がない」との警告を自分の動きを封じる罠だと深読みしすぎてしまい、間抜けに笑いながら撤退しようと飛び上がった直後切り刻まれた箇所が開き、空中で爆散・死亡する。
そのマヌケな最期はヒム曰く「正真正銘の馬鹿」。「確率8分の1でハドラー様の部下に生まれて良かった」と胸を撫で下ろしている。

二次創作において

二次創作にも時折登場するが、その凄まじいまでのバカさ加減を強調され、ギャグキャラにされることが多い。

関連タグ

ダイの大冒険 
バーンパレス ミストバーン キルバーン ヒム

pixivに投稿された作品 pixivで「マキシマム」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 12373

コメント