ピクシブ百科事典

マジカルハロウィン

まじかるはろうぃん

KPE株式会社が発売したスロット機シリーズの名称
目次[非表示]

概要

KPE株式会社から発売された萌えスロシリーズ。

2014年5月現在、マジカルハロウィンシリーズは5作ある。

全てについて解説を としたいところではあるが、筆者は「マジカルハロウィン2」以降しか
詳しく知らないため、ある程度までの記述とする。
有志の編集をお待ちしています。

マジカルハロウィン3以前の共通項として
「魔界ゾーン」がある。
ボーナス非当選のスイカ成立時の一部(2%)で突入し、魔界ゾーン中にボーナスを引くと
特殊ARTの「スーパーカボチャンス」へ突入する。
マジカルハロウィン4については若干仕様が変わった。

マジカルハロウィン初代

2007年7月に発売された5号機
BIG BONUS、REGULAR BONUS、カボチャンス(ART)で出玉を増やしていくタイプの機種。

奇数設定ほど波が荒く、偶数設定ほど波が緩くなる仕様
設定5は一撃万枚を秘めたスペック
設定6は安定されたスペック

BBの獲得枚数は208枚、RBの獲得枚数は56枚。

ARTは「カボチャンス」「カボチャレンジ」「スーパーカボチャンス」の3種類
純増は 約0.7枚/1G

設定BBRB合算機械割
設定11/297.891/387.891/168.4795.61%
設定21/297.891/383.251/168.6198.45%
設定31/297.891/378.821/167.76102.7%
設定41/297.891/374.491/165.91107.26%
設定51/297.891/370.261/165.08112.63%
設定61/297.891/366.121/164.25118.35%


登場キャラクター
アリス(CV:堀江由衣)
カボちゃん
ブーモリ
ドラキュラ
ウルフ
フランケン

ローズ (CV:富沢美智恵)
死神

ルビー


マジカルハロウィンR

2009年3月に発売された 初代のマイナーチェンジ版
初代に比べ、圧倒的に否定的意見が多かった機種
BBが10倍近くに重くなり、RBとARTのみで増やすシステムになった。

ただ、ART中の純増が 約1.4枚/1G と、前作の倍・・・どころか
マジカルハロウィンシリーズの最高値となっている。
Rには「突カボ」と呼ばれるシステムが備わっている。

通常時RT突入SIN成立時に設定を参照し、RT・ARTが発動する。


天井は ボーナス間573Gで高確率状態確定の第1天井
ボーナス間999Gで第2天井の新生魔界ゾーンへと突入する。
第1天井を越えると「めいぷる」が出現し
第2天井を越えると「みるく」が追加される。

設定BBRB突KC合算機械割
設定11/20481/183.061/240.941/168.0498.4%
設定21/20481/179.061/248.241/164.6699.57%
設定31/20481/175.231/256.031/161.42102.21%
設定41/20481/171.561/264.261/158.3104.31%
設定51/20481/168.041/273.071/155.3105.91%
設定61/20481/164.661/282.481/152.41109.29%

登場キャラクター
アリス(CV:堀江由衣)
カボちゃん
ブーモリ
ドラキュラ
ウルフ
フランケン

ローズ (CV:富沢美智恵)
死神

ルビー
ノワール(プレミアキャラクター)
フロスト(プレミアキャラクター)
めいぷる&みるく

マジカルハロウィン2

2010年1月に発売された どちらかというと「初代」の後継機

BIG BONUS、REGULAR BONUS、カボチャンス(ART)で出玉を増やしていくゲーム性
今までのARTから「カボチャレンジ」が消え、上乗せ特化ARTの「キングカボチャンス」が追加された。
純増は 約1.2枚/1G

アリスモード・ローズモードが選べ、カボチャンスなどのボイス・カットインも2種類楽しめる

ストーリー

もうじき年に1度のハロウィン。
街はお祭りの準備で大賑わい。

皆が楽しみにしている中、おかしなことが起こり始めます。

季節はずれの雪 突然凍る街路樹 そして街の外れでは獣の咆哮・・・。
街の人々の不安も募っていく。

そんなある日 アリスとローズは校長先生に呼ばれる。
「どうやらイタズラをしているのはうちの生徒らしいのじゃ」
校長先生から事情を聞かされ驚くアリス。魔法であることを知っていたため納得するローズ。
校長先生は続ける。
「そこでじゃ、2人に頼みがある。イタズラをしている生徒を捕まえてくれんか。」
するとローズが不服そうに
「魔法兵団を動かせばいいじゃない」

しかし兵団を動かすワケにはいかないようです。
その事情を説明するために入ってきたのが・・・

アリス達の元同級生 現在は魔法兵団医療部隊第1小隊長の
ノワール・アウスレーゼでした。

ノワールは静かに事情を話し始めます。
・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・

事情を聞き終えたアリス達はやる気満々と外へ出て行きます。

校長先生はそばにいたリュミエールに、それとなくサポートをするようにと命じて
窓の外を見ました。
「おぬしらの子は立派に育っておるぞ・・・・・・」
外には赤い月が輝いていました。

こうして今回のお話は始まったのです。

BB/RB

BB:約210枚の獲得 RB:60枚の獲得
両ボーナスとも終了後にチャンスゾーンへ突入する。

ボーナス中に「まじかるちゃんす」が発生するとART獲得・上乗せ
銅箱:1個以上
銀箱:3個以上
金箱:5個以上

BB:298枚を超える払い出しで終了 スイカで当選した場合のみまじかるちゃんす率が優遇される。
カットインや次回予告が発生した場合はカボチャを狙う。 
シングルライン揃いで1セット
ダブルライン揃いでは3セットが確定する。
※1度のBBで3回以上カボチャを揃えようとしてしまうと獲得枚数が減ってしまう。
気になる人は、「LAST」の末尾が1のカボチャカットインで中リールにカボチャではなく青図柄を狙ってみよう。カボチャをそのまま右リールに止め、カボチャ・青・カボチャが並んでいればシングル・ダブルそれぞれの成立が見抜ける。

RB:60枚 6Gの消化で終了 まじかるちゃんす率はART中は期待度高
RB成立時の256分の1で発生する「フェンリルバトル」に勝利すると
「スーパーカボチャンス」への突入となる。
コインorブランクの2択(左・右)を正解する毎に10%で継続抽選がされ、全問正解で継続確定

CZ

CZ中 告知音がすると3択コインが成立している。
順押しで、月図柄を取りこぼしたかのような形が停止するとミッションが発動する
既定G数の間、転落リプレイナビを引かずに居るとART獲得 その後はエクストラミッションへと突入する。
エクストラミッション:突入リプレイを引くまで続くゾーン
突入リプレイ以外の2分の1でARTストックを行い、当選した場合は告知音が鳴る

10G続いて一度も鳴らなくても台パンはしない事。

ART

従来の3色ナビではなく、押し順タイプに変更されている。
1セット30Gのセット数管理型のARTとなっている。

カボチャンス:カボチャンス中にカボちゃんのカットインが入るとカボチャ図柄を狙う。
揃えば1セット上乗せ 同セット中に2回揃えた場合は次回ARTが「キングカボチャンス」確定となる。
1回目では1/4での昇格抽選となる。ちなみに同セット中に3回以上揃えてもセット数上乗せはないので注意。

キングカボチャンス:押し順コインの4分の1でARTを上乗せ。
キングカボチャンス中のボーナスでまじかるちゃんすが発動した場合、全て金箱になる
※実際はART上乗せが「5個以上」となるので全て金箱になる。
キング中RBはチャンス、まじかるちゃんす率は6分の1となっているため
ヒキ次第では全ゲームで発生する可能性もある。
発動しなかったら自分のヒキを恨もう。

スーパーカボチャンス:上乗せ性能は通常と同じ。
違う点は「次回RBを引くまで継続する無限ART」
RBを引くと先述のフェンリルバトルで継続抽選をする。


ボーナス確率

設定BBRB合算機械割
設定11/354.251/364.091/179.5596.6%
設定21/350.461/360.091/177.698.8%
設定31/346.751/356.171/175.7101.2%
設定41/343.121/352.341/173.84104.5%
設定51/337.811/346.751/171.11108.3%
設定61/319.691/327.681/161.82113.1%


登場キャラクター

アリス・ウィッシュハート (CV:堀江由衣)
カボちゃん(アリス)
ブーモリ
ドラキュラ
ウルフ
フランケン

ローズマリーベルガモット (CV:富沢美智恵)
カボちゃん(ローズ)
サラマンダー
ミノタウロス
死神

ノワール・アウスレーゼ(CV:茅原実里)
グレイス

フロスト・アウスレーゼ(CV:釘宮理恵)
氷の精霊
フェンリル

ルビー・スペンサー(CV:小林沙苗)
リュミエール・スペンサー(CV:生天目仁美)
ヴィクトール・ベルガモット (CV:蓮岳大)
めいぷる&みるく(CV:鮭延未可)
セシリアリスタ・ウィッシュハート
グレン・ウィッシュハート

マジカルハロウィン3

2011年9月に発売された第3弾な台。
マジカルハロウィンRも忘れて欲しくないところ。
当然のように萌えスロ 演出面の萌えも無駄に存分に押し出してくれる。

2からのシステムを引き継ぎ、さらにRから「突カボ」を継承している。

有効ラインは当時の流行である中段1ライン
ペナルティがあるため、通常時は左・中のどちらかから押す
小役による同時当選期待度は
1枚役(BB確定)>強チェリー>強3枚役>共通コイン>スイカ>弱3枚役>弱チェリー>リプレイ
となっている。 単独ボーナスも搭載されている。

単独BBの16分の1でロングフリーズが発生し、BB+スーパーカボチャンスが確定する。
このフリーズは通称として「覚醒フリーズ」と呼ばれている。
ミラクルハロウィンと共に変身するアリス 設定1~4では10万分の1ほどのフラグなので、
写真を撮りたい人はきっちり撮っておこう

ストーリー

フロストが起こしたイタズラ事件からしばらくしたのち・・・

アリス達の街に不穏な影が忍び寄ります。
街に張られた結界が弱まって青空が見えたり・・・
魔界からモンスターが突然召還できなくなったり・・・

不安定な状況に街の人々が不安を募らせていく中
ヴィクトール校長は魔法兵団の出兵を決めます。

時を同じくして
見慣れない3人組が街の各所で目撃されるようになりました。
今回の事件と関係があるのでは?と兵団も警戒してはいますが
街の守備に力を入れているため、兵団を動かすことはできません。
そこで校長先生はアリス達に3人組の様子を探るように と命じました。

しかし校長先生には不安なことがありました。
目撃情報を照らし合わせると、自身が知っている人間に近いということ。
そして見慣れぬ魔石を所持していること。

校長先生はアリス達に召還モンスターの代わりとして
カードの形をした魔力増幅機を預けました。

3人組は一体何者なのか。

こうして今回のお話は始まりました。 はてさて、どうなることやら・・・。

BB/RB

BB:280枚を超える払い出しで終了(29G)
RB:64枚を超える払い出しで終了(8G)

まじかるちゃんすも継承 今度はモード別にならないため、まじかるちゃんすはどのモードでもアリスがメインとなる。
ローズまじかるちゃんす:最低数否定(銅ならば2)
フロストまじかるちゃんす:ボーナス中初登場時は1個or10個 2度目以降は必ず10個
ノワールまじかるちゃんす:性能はアリスと同じ。 事前に他のキャラのまじかるちゃんすが発生していないと出現しない。

また、第3停止ボタンを押しっぱなしにすると扉が開かないことがある。
この際は、箱の色の最低数より多く乗っている という示唆になる。(金ならば7・10)

ART

2と同様、押し順タイプのART 性能は変わらず 約1.2枚/1G 1セット30Gのセット数管理型である。
新搭載されたのは上乗せ特化ARTの「カボRUSH」 カボチャのナナメ揃い(右上がり)で突入し
カボチャ図柄揃いの確率が50倍近く跳ね上がる。
キングカボRUSH スーパーカボRUSH もそれぞれ存在する。
下段揃い:約3.5分の1 ナナメ揃い:約50分の1 転落リプレイ:約8分の1
サイレンと共に「???」のナビが来た際は3択に挑戦。下段にリプレイが揃えば転落は回避できる。
また、RUSH中にボーナスを引いた場合は消滅してしまうので注意。
いくつか恩恵もあるが、明確に受けれる恩恵は
スーパーカボRUSH中に引いたRBは転落バトルが発生しない 程度であろう。

ボーナス確率

設定BBRB合算機械割
設定11/350.461/397.191/186.1896.9%
設定21/348.61/392.431/184.6198.8%
設定31/346.751/378.821/181.04101.3%
設定41/344.931/374.491/179.55104.4%
設定51/339.561/354.251/173.38109.2%
設定61/332.671/332.671/166.34113.8%


登場キャラクター

アリス・ウィッシュハート (CV:堀江由衣)
カボちゃん(アリス)
ブーモリ

ローズマリーベルガモット (CV:富沢美智恵)
カボちゃん(ローズ)
死神

ノワール・アウスレーゼ(CV:茅原実里)
グレイス

フロスト・アウスレーゼ (CV:釘宮理恵)
フェンリル

ルビー・スペンサー(CV:小林沙苗)
リュミエール・スペンサー(CV:生天目仁美)
ヴィクトール・ベルガモット (CV:蓮岳大)
めいぷる&みるく(CV:鮭延未可)

キール・インペリアル (CV:置鮎龍太郎)
フィズ・バイオレット (CV:根谷美智子)
ロックショット (CV:?)

マジカルハロウィン4

2年ぶりに新作公開となった台。

2013年11月稼動開始。
新たに「チャンス目」が追加された。
チャンス目A:ベルが小V字に揃う
チャンス目B:スイカが小V字に揃う
2種の内部的な当選率に差は無し。

魔界は搭載されているが、ボーナスヒットでの恩恵は「ART5セット・8セット」
しかし、初代にも稀にあったデキレースの「確定魔界」が復活。 スイカ以外での移行や、
スイカの一部で確定したまま魔界に突入することもある。
演出面で若干見抜ける事もある。

有効ラインは右下がり1ライン(左:上段 中:中段 右:下段)
ART+擬似ボーナスタイプで、純増2.0枚/G

今までBAR図柄にはローズが居たが、今回は白い宝箱で【MAGICAL HALLOWEEN】と書かれている。

通常ステージは
アリス・フロストが居る「アリスステージ」
ローズ・ノワールが居る「ローズステージ」の2種。

一定G数消化等で前兆ステージである「詠唱モード」へ移行。
アリスたちの詠唱オーラの色で期待度変化 青<黄<緑<赤<虹(確定)
普段はアリス・ローズのどちらかだが、稀にフロストが詠唱することも。
基本的にアツい設定なので期待しよう。

魔法陣ステージ
レア役で突入する
全役でCZ抽選を行っており、15G以内に空中に巨大な魔法陣が完成すれば
CZ「どっか~ん☆チャレンジ」へと移行。
小役の連続 or レア役による直撃を狙う自力解除ゾーン。
魔法陣ステージでボーナスを引くと、上記のCZもついてくる。
強チェリーは確定。
キャラによって対応役があり、
アリス:押し順ベル 共通ベル リプレイ チャンス目A ハズレ
ローズ:スイカ 強・弱チェリー チャンス目B
フロスト:押し順ベル
ノワール:強チェリー チャンス目B
基本的にはほぼ全てがアリス。 レア役時にローズが出てきて期待ができる。
フロストの場合、押し順ベルを当てるとその場で成功。 対応役矛盾も成功。
ノワールの場合、キャラ関係なく強チェリーが確定なので、外れる可能性はチャンス目Bのみ。 滅多に出ないが出れば期待をしていいだろう。
また、小役が連続してもCZ抽選を行っており、ハズレ・押し順ベルの失敗 以外で連続扱いとなる
(ベル→リプレイ→弱チェリー)の場合、
1G目:ベルの抽選
2G目:リプレイによる「小役2連」の抽選
3G目:弱チェリーそのものの抽選 + 「小役3連」の抽選(重複はないが、2度抽選してくれる)
出現タイミングがレバーオン時かウェイト解除時かによる期待度の差もあるが、
遅れた時点でかなり期待ができる状態のため、滅多に出ることはないだろう。

CZ どっか~ん☆チャレンジ
まず準備状態に。 準備中に引いたレア役はボーナス・CZ特盛(後述)の抽選。
中・右・左のナビが出た後に15G間のCZ開始。
リプレイナビ・ベルナビ等が出現し始め、確率で「右から狙え」のナビが出る。
このときにカボチャ図柄を狙い、揃えばARTストック。
揃えてすぐ突入という訳ではなく、15G間完走するまで続く。 なので、大量ストックも可能。
また、ここでのレア役は継続抽選・ART抽選・ボーナス抽選を行っている。
継続抽選に当選した場合は、15G後にもう1度15G、CZを回せる。
シングル揃いは1個以上 クロス揃いは2個以上のストック。

特盛について。 準備中にレア役やベル等である程度のポイントが溜まると、特盛CZとなる。
カボ揃い率が異常に跳ね上がり、15Gの平均個数が3個前後となる(通常は0.7~1)

ART「Magical RUSH」
1セット40G+α +G数上乗せ +セット×継続率管理
ARTに突入するとレア役解除率が変化する。
弱チェリー:5%→8%
チャンス目:22%→1% ただし、チャンス目は後述のマジカルアタックに100%当選する。

押し順ナビからチャンスリプレイが出現することがある この際、殆どは白いナビに変化する。
レア役やチャンスリプレイでリールがスロースタートすると、上乗せゾーンである
「マジカルアタック」のチャンス。


上乗せゾーン「マジカルアタック」
ゲーム数上乗せを行うゾーン。 継続率管理。
66% 75% 90%の継続率があり、内部的にはモードが2つある。
カボチャが出てくれば上乗せ。 カボチャを押しのけて召喚魔法陣が出てくると、召喚モンスターを利用した上乗せになる。
アリス:ドラキュラ ウルフ フランケン
ローズ:サラマンダー ミノタウロス 死神
フロスト:フェンリル
ノワール:無し
フロストはカボチャを召喚せず、ノワールはグレイスを召喚かと思いきやカボチャのみ。
そこまで使い魔とカボチャに性能の差は無いが。
1度の最低上乗せは+5G 最大は+300G
保障は2Gなので、最低でも+10Gはある。 なお、保障G内に継続率から漏れると3G目に転落する。
ただし、レア役を引いた場合は転落済み・継続中に関わらず上乗せが確定。
継続したG数が5の倍数に到達すると、そのGでの上乗せ性能がアップ。
更に、ベルやリプレイでも25%でボーナスにも当選する。 5G目や10G目にカボチャ召喚等に成功したら期待しよう。

カボチャンス
ART中のカボチャ揃いで突入する事のある、おなじみ我らのカボチャンス。
突入確率もやっぱりおなじみの25% ただし、2回シングルで揃えても確率は変動しない。
クロス揃いをすると次セットはこのカボチャンスに確定される。
マジハロ4ではカボチャ揃い特化ゾーンとして存在している。
3で言うカボラッシュ的なポジションだろうか 確率的には特盛CZがカボラッシュに近くはあるが。
1セット40G G数上乗せ無し ボーナスを引いた場合は抽選がG数上乗せからセット上乗せに変化。

暴走覚醒RUSH
初期10G+5G毎の継続率抽選 ほぼ毎G上乗せをするようだ。最低値は5G
高確率でARTそのものもストックし、同じくボーナスもストックする
マイスロには 1GでG数・セット・ボーナスのトリプル乗せを達成するという難しいミッションが存在する。


ボーナス
通常時のボーナス時は20Gから10G刻みにミニキャラバトルが発生し、
相手校に勝利すればART突入
ボーナス中に魔法陣が落下すると、これも同じくART突入
ART中や、ボーナス途中でART確定になるとBGMがミライノトビラからホシゾラマップに変化。
ホシゾラマップ中はまじかるちゃんすの抽選を行っている。

まじかるちゃんす
やっぱりお馴染みのまじかるちゃんすも搭載。
今度は箱の中に色々入っており、ボタンを押すと中身が出てくる
タイトル文字の色が違うことも。 注意して見てみよう。
箱を開けずに進んでも問題ない。 ARTの最後に乗せてくれる。
G数だけでなく、特化ゾーンやボーナスも一緒に箱に入ってるんだとか・・・

まじかるゾーン
白い図柄(BAR)が揃って突入する まじかるちゃんす特化ゾーン
が、突入には少々ルールがあり、BB中は上記の箱揃い。 RB中はスイカの5%
RB中に箱揃いはしないので注意。
擬似ボーナスがBB・RBに関わらず10G上乗せされ、最低2回のまじかるちゃんすが確定する。
5回以上まじかることも珍しくなく、レア役を引こうものなら大量乗せにも期待できる。

ビーストバトル
CZの一部 及び 通常時の中段チェリー+箱揃いで突入 後者の発生率は32768分の1
RBで転落の可能性がある1G連ゾーン。 スーパーカボチャンスに相当すると見てよいだろう。
ここではB:R=1:3でRBに寄りやすい。 継続率はRBの60%
ビーストに勝てば1G連 勝ち続けるとずっとボーナスなので、ARTストックやG数を稼いでおきたい。

e-SLOTについて。
3までは無かったKPE版マイスロことe-SLOT。
4には実装されました。 安心!
アリス ローズ フロスト ノワールの4人カスタムをそれぞれ選べ、通常時やART中に
ダイレクトに反映される。

マジハロワールドを遊び尽せ!

キャラクター

アリス・ウィッシュハート (CV:堀江由衣)
カボちゃん(アリス)
ブーモリ
ドラキュラ
ウルフ
フランケン

ローズマリーベルガモット (CV:富沢美智恵)
カボちゃん(ローズ)
死神
サラマンダー
ミノタウロス

ノワール・アウスレーゼ(CV:茅原実里)
グレイス

フロスト・アウスレーゼ (CV:釘宮理恵)
フェンリル

ルビー・スペンサー(CV:小林沙苗)
リュミエール・スペンサー(CV:生天目仁美)
ヴィクトール・ベルガモット (CV:蓮岳大)
めいぷる&みるく(CV:鮭延未可)

キャロル・ヴァレンタイン(CV:今野宏美)
クルセイド・アッシュフォード(CV:細谷佳正)
ヒトミ・F・ブックマン(CV:斎藤千和)
ベレッタ・フリューゲル(CV:沢城みゆき)


関連タグ


※ハイパー娘(SNKプレイモア)のアリスそっくりキャラクター
※現在、ハイパー娘に出る「シャンティ」の記事はできていません。
※有志による作成・分割をお待ちしています。

主人公(のうち一人)が「魔法使い」「CV:堀江由衣」で共通している
※そして変身後の名前が「キュアマジカル」である

外部リンク

マジカルハロウィンポータルページ

KPE公式ページ

pixivに投稿された作品 pixivで「マジカルハロウィン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1306888

コメント