2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

「歩兵戦車Mk.I マチルダI」と「歩兵戦車Mk.II マチルダII」が存在するが、この項目では後者を解説する。

概要

周囲の歩兵を蟻、戦車を蜂に見立てて「戦場の女王」と称されたマチルダは、歩兵支援を目的に26tの重量で75mmの重装甲を持つ事を優先的に開発され、1939年に本格的な運用が始まった。

車体前面75mmから78mm、砲塔全周75mm、側面75mmから45mmの垂直装甲を持ち、高い防御力を備えたマチルダ戦車は一時的にドイツ軍を危機に陥れた。

しかし、それに劣らずドイツ軍を驚かせたことがある。

その頃、イギリス軍の主力対戦車砲であったオードナンスQF 2ポンド砲は、各国の対戦車砲と比較して優秀な対装甲能力を持っていたが、歩兵や対戦車砲の様な軟目標に有効な榴弾が存在しなかったのである。
歩兵戦車』という名称にもかかわらず、榴弾が装備されていないと言う致命的な欠陥から、しばしばドイツ軍の88mm高射砲の餌食となった。

対策も用意されていなかったわけではなくマチルダIIのCS型(近接支援型)では主砲に25口径76mm榴弾砲を搭載しており、榴弾や煙幕弾を使用可能だった(ただしこちらは徹甲弾を使用不能)が、CS型は少数しか配備されておらず、部隊内での連携も悪かったため、CS型抜きで対戦車砲陣地に突っ込んで大損害を何度も被る羽目になっている。

この欠陥について、ドイツアフリカ軍団を指揮していたロンメルは、「マチルダは『歩兵戦車』と呼ばれているのに、敵歩兵に撃つべき榴弾が用意されていないのは何故だろうか。」との回想を残している。

さらに、戦況が進むにつれて火力と装甲を増し続けるドイツ戦車に対してマチルダの優位性は消え失せていったが、戦前に開発されたイギリス戦車の中では唯一、大戦を通じて使われ続けた戦車である点だけは称賛に値する。

レンドリース車両としてソ連軍にも供与されたが、速度が遅く足回りが寒冷地向きではない(スカートが誘導輪を支える構造材を兼ねていたため取り外せず、泥が詰まりやすかった)など不評極まりなかったという。

性能

全長:5.6m
全幅:2.6m
重量:27t
発動機:液冷ディーゼル174馬力×2
速度:24km
装甲:75mm~45mm
武装:52口径2ポンド戦車砲×1 7.92mm機銃×1

関連タグ

イギリス 戦車 2ポンド砲
ガールズ&パンツァー聖グロリアーナ女学院の使用車両として早期から登場。

関連記事

親記事

歩兵戦車 ほへいせんしゃ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「マチルダ歩兵戦車」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「マチルダ歩兵戦車」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 98507

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました