ピクシブ百科事典

マミれこ

まみれこ

マミれことは、東方Projectに登場する二ッ岩マミゾウと宇佐見菫子の二人による二次創作カップリングである。左記メイン画像はパロディを含む作品。
目次[非表示]

概要

東方Projectに登場する二ッ岩マミゾウ宇佐見菫子のカップリング。
マミゾウは『東方神霊廟』、菫子は『東方深秘録』に登場した。

両者は『深秘録』にて出会っており、この際は幻想郷に挑んだ菫子とそれに対抗した茨木華扇に協力したマミゾウという一種の対立関係にあった。
作中では「外の世界」で両者は実際に弾幕も交わしている他、その弾幕戦に至る経緯や弾幕戦自体にも仕掛けられていた「 」に菫子が掛かっていく経緯にはマミゾウの機転と暗躍とがある。

『東方深秘録』

マミゾウ及び関連するルート

マミゾウが『深秘録』に初めて登場するのはマミゾウの個人のストーリー以前の時間である華扇のストーリーであり、ここで昨今蔓延していた都市伝説の怪異とオカルトボールについて華扇からその正体を聞く。
そしてその流れを受けたマミゾウ個人のストーリーにおいて華扇が行おうとする対処の方法には「 」があると気付き、華扇の行動をフォローしつつも、その「 」にも対応すべくマミゾウは近年幻想郷にやってきた者という状況も利用しつつ「 汚れ役 」をかってでることにする。

このボールを使って 逆に罠を仕掛けてやるぞい 」(マミゾウ、『深秘録』)

そして華扇の策略に協力し、外の世界へと出たマミゾウは菫子と出会うのである。

菫子のマミゾウに対する第一印象はその尻尾からして「 判りやすい妖怪 」。
マミゾウからは一連の怪異の元凶が「 こんな女学生とは 」と驚きを寄せられている。
マミゾウは菫子にその目的を問うもののどうにも大きな目的を持っている様子でないことにジェネレーションギャップのようなものを見出している。

しかしここからがマミゾウの化け狸としての本領であり、菫子が大きな目的を持たず享楽的な姿勢であることを逆手にとって、新しい、より大きな魅力を提示することで菫子を交渉に引き込み、まんまと自らの意図に乗せることに成功した。
マミゾウが提示した勝負の報酬である幻想郷との行き来を自由にするという「 幻想郷のパワーストーン 」こそ、華扇の策をマミゾウらしくアップデートするものであった。

マミゾウは菫子の勝利の報酬として菫子には魅力的な品を提示し、一方で自身の勝利の場合については『深秘録』以外の作品でも披露するような粋な余裕も見せつつ、両者は弾幕勝負を始めるのである。

菫子ルート及び関連するルート

果てしてマミゾウとの勝負に勝利し「 幻想郷のパワーストーン 」を手に入れた菫子は幻想郷へと道を開く。

しかし「 幻想郷のパワーストーン 」はマミゾウが仕込んだ「 片道切符 」であり、結果、菫子は外の世界への帰路を失って自身に襲い掛かる妖怪その他諸々から幻想郷中を逃げ回ることとなった。
その後一時的に外の世界に逃れるも、またすぐに幻想郷へと引き戻される宿命にあった。

幻想郷で迎え撃った側の視点としては、マミゾウ曰く、「 みんなで懲らしめてやろうって腹 」。
菫子に恐怖と警告とを身を持って体験させ、以後幻想郷に関わるような思いを抱かないようにすることが目的であった。
そして最終的に博麗霊夢が一連の異変を終結させる筋書であった様子である。

しかし実際には菫子には切り札があり、それの危険性に気づいた霊夢が急ぎ菫子が一時逃れていた外の世界へと飛び出していくのである。
これはマミゾウにとっても想定外のことであった。

結果菫子は捕らえられ幻想郷の危機も回避した。
その後の菫子の処遇については共に今回の一件にあたった面々に対してマミゾウが口止めの上、自分たちが監視する条件の上で解放しても良いのではと提案し、他の面々もこれに同意したことで、菫子は解放されることとなった。

しかし菫子は以後眠っている間だけ幻想郷にやってくるようになるのであった。

その後のストーリーと思われる対戦モードでは、マミゾウが菫子が夢で幻想郷にやってくる様子について「 夢遊病とも違うんじゃな 夢幻病とでも名付けるか 」(対菫子戦マミゾウ勝利セリフ)と語っており、『深秘録』以後を語る『東方茨歌仙』の該当エピソード発表時系列に先立って「 夢幻病 」の名称がマミゾウのセリフに登場している。

『深秘録』以後

『深秘録』以後、菫子は「 」を通して体験する幻想郷を楽しんでいる様子で、時には宴会などにも顔を出す様子が描かれている。
その場にはマミゾウの姿もあり、以後もマミゾウもまた菫子を目にする機会がある様子が描かれている(『東方三月精』)。

その他の関連

「外の世界」

菫子は先述のように外の世界から幻想郷へと挑んだ外の世界の人間であり、マミゾウは近年まで外の世界に所在していた。
またマミゾウは両世界の行き来は自在であるとも語っており(『深秘録』)、例えば生身の菫子の住まう世界に赴くことも可能である様子である。

ただし地理的な要素(例えば菫子の住所地などを知ることができるかどうかなど)についての諸問題を含め、接触の可能性の具体的・実務的な有無については語られてはいない。

博麗神社

マミゾウは折に触れて博麗神社を訪れており、時には生活スペースと思しきところでお茶を飲む様子も描かれている(『東方鈴奈庵』)。
一方の菫子は幻想郷へやってくる際は博麗神社を拠点としており、ここでくつろいだり何かの事件に巻き込まれたりする様子が描かれている(『茨歌仙』)など、共に博麗神社に集うことがある点も共通している。

デザイン

菫子、マミゾウともに眼鏡を着用しており、フレームの形状こそ異なるもののともに丸型の曲線を持つものである。マミゾウのものは『深秘録』作中などではその演出の都合上菫子と同様のアンダーリムにみえるカットもある。

また両者とも帽子を着用することがあり、『深秘録』ではいずれも各々の帽子を着用している。
同時に、複数の各作品を通して帽子を着用した状態と着用してない状態の両デザインが描かれていることも共通している。

二次創作では

二次創作では『深秘録』でのやりとりをベースにするものやそれ以外の共通点や要素などを通して様々な「マミれこ」のアプローチがある。

例えば飄々としつつも鋭い鑑識眼をもつマミゾウの風格が成長期の菫子に人間的影響を与えたり、それでいて近い目線でも語り合える姉と妹のような、そういった関係性を想像させる友人関係のような在り方も想像されている。
対人関係に拓かれ始めた菫子にとって柔和で親分肌のマミゾウは良い相談相手となる、といった様子には大人的存在との交流を通した菫子の思春期の成長記のようなジュブナイル的想像を見出すものもある。

出会う場所も幻想郷の他に外の世界でもあることもあるなど、両世界を渡る二人ならではの交流場所が見出されている。
マミゾウは近年まで外の世界にその所在があったため、外の世界の雰囲気にも馴染みがあると想像され、例えば菫子の学校の休みにともに街中に出かけたりするといった想像もある。
共に眼鏡の愛用者であることも二人の会話や外出先のポイントである。

時にはマミゾウの化け狸としてのユーモアや菫子の「オカルティシャン」としてのユーモアなどが重ね合わされて新たなエンターテイメントの創造に発展するなど、それぞれのユーモアを志向するパーソナリティにみるコメディ的な要素も含んだマミれこの在り方を想像するものもある。

一方で時には菫子の向こう見ずなほどの若い活力をマミゾウが眩しく感じつつも、時に無謀ともなる様には『深秘録』でも体験したような妖怪の恐ろしさを通して異世界を覗くことの危険さを菫子に再度警告したりするなど、マミゾウとの住まう世界の違いを意識させるといったシリアス的なストーリーの構成もあるなど、「マミれこ」の可能性は多様である。

関連イラスト

【C89】新刊サンプル



関連タグ

東方Project
二ッ岩マミゾウ 宇佐見菫子
東方Project(二次創作)
東方Projectのカップリング一覧

pixivに投稿された作品 pixivで「マミれこ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3102

コメント