ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

CV:森下由樹子(NEXONアプリ版)

1910年ごろにアメリカ人宣教師が中国で一度見て以来、その存在は未だに確認されていないという幻の青い虎・マルタタイガーフレンズ
一人称は「僕」「私」と表記にブレがある。

容姿

NEXONアプリ版

白いメッシュが入った、鮮やかなブルーのショートヘアーが印象的で、前髪や後頭部にトラ模様が入っている。瞳の色は緑。右手に青いバラを持つ。
白いワイシャツに黄色いリボンタイを締め、白いラインが入った青いブレザーを着てミニスカートを履いている。袖口とミニスカートは紺色のチェック柄。
白地に青い虎柄のストッキングを青いガーターベルトで吊り、青いリボン付きのショートブーツを履いている。

けものフレンズ マルタタイガー
マルタタイガーちゃん



けもフレ図鑑

揉み上げやうなじ部分に虎柄が増え、髪、ストッキング、尻尾の色が灰色がかった青になり、逆に袖口やミニスカートは紺から青に変わった。
眉毛が途中から二手に分かれる二重眉になり、瞳の色も黄色になった。
ブレザーの前やワイシャツの襟元を開けて袖を捲り、スカートからワイシャツを出す等、きっちりと着こなしていたアプリ版とは対照的にラフに着崩している。

マルタタイガーちゃん
マルタタイガー【よこがおフレンズ】



NEXONアプリ版

トラの中でも希少な種、それが私、マルタタイガーだ。ルターと呼んでくれ。
奇跡の獅子として、みんなに大切にされてきたが、私の内面を見てもらえずつらい時もあった……
だが、同じ境遇のルビーと出会い、ともに普通の女の子になりたいと願いながらがんばっているよ。

愛称はルター
常に青いバラを一輪携えているクールなイケメン女子
いつも周囲をドキドキさせているが、本人はいたって普通に接しているだけという、天然ジゴロな所が有る。
奇跡の獅子として畏敬の眼差しを向けられてきたが、彼女自身の内面を理解してもらえず辛い時期があったらしい。
そんな中、自分自身と同じ境遇にあったゴールデンタビータイガーのルビーと出会い、普通の女の子になりたいと願いながら彼女と共に頑張っている。

最高レアリティの☆5でクール属性。
攻撃タイプは近距離型。
グループは百獣の王の一族に所属。
所有スキルは15秒間敵全体の攻撃力が25%下がる「ブルーブラッドローズ」。

1期アニメ版

第8話、ペパプライブの観客の一人として登場(ジェーン、イワビー、フルルが客席を見た次のシーンで、画面右端にいる「ブレザー、ミニスカート、ガーターストッキング」のモブキャラ)。
Blu-ray版では修正が入ったので、より本人だと分かりやすくなっている。

2期アニメ版

同じく第8話に登場。
マーゲイが「マネージャーをやる前はぺパプのファンだった」と語るシーンの回想で、フルルの立ち位置から視線を下げた所にいる、アホ毛が有る青い頭のモブキャラ

ブシモアプリ版

2020年11月中旬よりへいげんエリア実装と共に観察可能になったフレンズの一人。
性格や設定はNEXON時代準拠で、クールな雰囲気を漂わせつつも普通の女の子として見られたいという性格と風貌が一致しない難儀な子。
本作でもゴールデンタビータイガーとは仲が良く、二人で普通の女の子を目指している。

珍しい行動は「水浴びもいいものだね」。「ブルーローズプール」で披露する。
ビーチチェアでくつろいだ後、バラが浮かぶプールに勢いよく飛び込む。

セガゲーム版

アプリ版

フレンズたらしなイケメン女子でルビーとコンビで行動しているなど、容姿がリメイク後である事を除けば設定や性格はNEXON時代と変わらない。
当初は☆3フォト「ちゃんとみてね!」で姿が確認されるのみだったが、後にセーバルぶらり旅4章でルビーと共に直接登場。
マーゲイが制作する映画に「お嬢様を拐う怪盗」の役で出演。
主演に選ばれて演技に四苦八苦するアデリーペンギンにルビーと共にアドバイスを送る……が、そんな彼女に顎クイをかますなどジゴロっぷりは本作でも健在。

アーケード版

一部スキルカードで姿は確認されているが、現時点でユニット実装はされていない。

関連動画



関連イラスト

薔薇の二人
このガーターが俺を惑わせる
マルタタイガーちゃん(新Ver)
マルタタイガー



関連タグ

けものフレンズ トラのフレンズ
ゴールデンタビータイガー(けものフレンズ) ルタルビ 天然ジゴロ イケメン女子 王子様系 青虎 

外部リンク

ジャパリライブラリ(けものフレンズWiki)

関連記事

親記事

トラのフレンズ とらのふれんず

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「マルタタイガー(けものフレンズ)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1085057

コメント