ピクシブ百科事典

マント脱ぎ菫子

まんとぬぎすみれこ

「マント脱ぎ菫子」とは、東方Projectに登場する宇佐見菫子がマントをまとっていない状態を描いた作品に用いられるタグである。
目次[非表示]

概要

東方Projectに登場する宇佐見菫子が、初登場時にまとっていた特徴的なマントを着ていない状態を描いた作品に用いられるタグ。

菫子は『東方深秘録』初登場時において襟つばの広い、足元まで届く長い黒マントを着用しており、これは黒帽子とともに『深秘録』における菫子の個性の一つである。このマントには外側下部裾に連続した白線の意匠がある他、内側には赤色をベースに文字群の意匠がある。

体験版や製品版冒頭の博麗霊夢ルートなどにおける黒一色のシルエットなどではゆらめくマントが菫子の全身像をぼかしており、まだ正体のわからない段階での菫子を様々にイメージさせる要素ともなっているなど、『深秘録』の作風における独特の妖しさを表現するものの一つともなっている。
作中でもキャラクターデザインをはじめ決闘シーンでのドットなどで黒マントは菫子のキャラクター性を表現する要素の一つとなっている。特に決闘シーンなどでは移動時やアクションの数々においてマントが菫子の動きに連動しており、グレイズ時にはマントにくるまって前進するなどのモーションもあるなど、立ち絵などとはまた異なる動的な躍動感溢れる菫子が表現されている。

一方『深秘録』作中のとある場面ではマントをまとっていない菫子も描かれており、この際の姿などが「マント脱ぎ菫子」といえるものである。
マントの鋭角的な襟元や目を引く裏地の赤色や文字群、単独での直線的なシルエットを構成する要素などが除かれるため、マント着用時とはまた異なる印象を与える姿となっている。マントの下の肩のラインをはじめマント以外の服装による全身のシルエットがマントに影響されずに見えるようになることも、印象の違いに寄与している。

『深秘録』においてマントをまとった際の菫子が、異変に参画したいわばオンの時の菫子であるとすれば、それ以外の場面におけるオフの菫子と言えるかもしれない。

類似したデザイン系統

「マント脱ぎ菫子」が初登場時に着用していた衣装の一部を除いた状態であるとするとき、東方Projectのその他のキャラクターにおいては雲居一輪の「頭巾脱ぎ一輪」に同種のコンセプトを見る事が出来る。

一輪もまた初登場した際には頭部を頭巾で覆っており、ファンの間などではその髪型が様々に考察されていた。後にこの頭巾を脱いだ状態が描かれ、ファンの間で想像された「頭巾を脱いだ一輪」と合わせ、「頭巾脱ぎ一輪」と呼ばれるようになった、という経緯がある。

関連タグ

東方Project 東方深秘録 マント
宇佐見菫子

東方Project(二次創作)
東方衣装

pixivに投稿された作品 pixivで「マント脱ぎ菫子」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 494289

コメント