ピクシブ百科事典

概要

“月の犬”という意味の名を冠する北欧神話に登場する魔狼

人間たちの国であるミズガルズの東にある森イアールンヴィズに住まう1人の女巨人が儲けたたちの一族の中で最強の存在とされ、全ての死者の肉で腹を満たし、月を捕獲して天と空を血塗る為に太陽は光を失ってしまうという。

また、一説には月を追いかけるとされる魔狼ハティと同一視され、ハティの別名ともされているが、『古エッダ』の『グリームニルの言葉』第39節によれば太陽を追いかけるスコルと月を追いかけるハティは全くの別の存在であるという。

関連タグ

スコル ハティ 北欧神話

関連記事

親記事

北欧神話 ほくおうしんわ

兄弟記事

コメント