ピクシブ百科事典

ミツハニウム

みつはにうむ

(Mitsuhanium) - 飛騨地方の美しき巫女(胸はあり、口噛み酒を生成可能。スイーツを好んで食べるためか甘味成分に鋭敏で女子力も高い。料理は和食を好んで作り、赤い組紐を身に付けている個体に限る)により形成される物質。特定の生物に対し強い多幸感を与えるが依存性がある。
目次[非表示]

ミツハニウムの基本的性質

 ミツハニウム(Mitsuhanium)とは、未だその性質に不明点が多い未知の物質であり、最初の報告例は2016年にまで遡る。

 現在の所、特定条件(※)を満たす人間の女性(以後、Ms.Mと呼称)の体内で生成される事が判明しているが、その生成過程は未解明である。
(※特定条件:飛騨地方の美しき巫女;胸はあり、口噛み酒を生成可能。スイーツを好んで食べるためか甘味成分に鋭敏で女子力も高い。料理和食を好んで作り、赤い組紐を身に付けている個体に限る)

 ミツハニウムはMs.Mの体内で生成された後、体外に発散される。
平常の生成量は微量で無味無臭、人体に対する安全性は高いが、特定条件(※)を満たす人間の男性(以後、Mr.Tと呼称)に対して特異的作用が有る。
(※特定条件:東京イケメン男子;弱い癖に喧嘩っ早く初心で乳房を揉むが絵心があり料理上手で美しくもがく個体に限る)

 Mr.Tに対しての特異的作用として、強い多幸感と依存性が認められている。

 また、どの様な条件の下で現象が再現されるかの詳細は不明だが、非特異的作用として、周囲の人間がMs.MとMr.Tに対して特別な感情(祝福したくなる感情)を抱く現象が発生するとする報告も有る。

 ミツハニウムはタキニウムと化合する性質が有り、その化合物は「ミツハ酸タキニウム」と呼ばれている。

ミツハニウムに関する諸報告

  • Mr.Tがミツハニウムを摂取すると生命活動が活性化する(平たく言うと、「元気になる」)。
  • Mr.Tが全裸でミツハニウムを摂取した場合には過剰摂取による副作用(発情求婚等)が認められる。
  • タキオンと深い関係が有り、タキニウムとの相互作用でMs.MとMr.Tに時空を超える能力を与えるとの仮説有り。
  • Ms.Mの赤い組紐は実はタキニウム感知器官。機能を維持したまま本体と分離可能。ミツハニウムとタキニウムとの特異的反応がタキニウム感知の主要メカニズムと推察される。なお、時空改変に伴う副作用(記憶の消失)を軽減する機能も有る模様。
  • 元素記号Mi , 原子番号148。Ms.Mから検出されたミツハニウムは全て安定同位体。


関連イラスト

『君の名は。』充電 瀧みつ。
タキニウムに関する症例報告
定期的な補給が必要です
うつくしく、もがいた先に・・・



関連タグ

君の名は。 立花瀧 宮水三葉 瀧三 タキニウム ミツハ酸タキニウム ミツハトロン

pixivに投稿された作品 pixivで「ミツハニウム」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 6364

コメント