ピクシブ百科事典

ミリディアナ・クラエス

みりでぃあなくらえす

ミリディアナ・クラエスはライトノベル「乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…」に登場人物で、主人公カタリナ・クラエスの母親。
目次[非表示]

概要

CV:平松晶子

本作の主人公カタリナ・クラエスの母親で由緒正しいクラエス侯爵家の夫人。
劇中では名前で呼ばれることは殆どなく専らカタリナからお母様、ジオルドなどからはクラエス夫人など、と呼ばれる。アニメ版でのキャスト表記も一貫してカタリナ母となっている。

見た目は娘をそのまま大人にしたような美人であり親子だけあって似ている。

彼女もまたカタリナが頭を打ってしまって前世の記憶を思い出したのを境に本来のゲーム世界とは全く異なる人格に変わっていく。

本編

カタリナが前世の記憶を思い出し、わがままではなくなった反面、木登りはするわ、拾い食いするわ、マナーがなってないわ、畑仕事まで始めるわで以前とは別ベクトルの貴族令嬢らしからぬ振る舞いをするようになる問題児と化したため、鬼のように恐ろしい教育ママへと変貌し一時は「しばらくはカタリナをお嬢様扱いしないように」と屋敷の使用人たちに命令するほどだった。これを機にそれまでは引っ込み思案で自らの意見を言えないほどだったが夫に対してはっきりと意見を言えるようになった。
なお当初は畑仕事もやめさせようとしたが、最終的には諦めた様子。
カタリナがジオルド・スティアートと婚約した件については当初は喜ばしく思っていたが、現在は「今のカタリナに王妃など務まらない」という理由でキース共々反対の姿勢を取っている。

義理の息子であるキース・クラエスに対しては、当初は「夫が愛人との間に作った隠し子」と思い込んで早とちりし離婚の危機になったが、カタリナの取りなしで誤解は解け、現在は実の息子同然に可愛がっている。むしろ、実娘であるはずのカタリナが問題児と化したため、相対的にしっかりしている性格ゆえにカタリナのブレーキ役となっているキースをかなり溺愛しており信頼している。


逆にカタリナに対してはほぼ悪い方向での信頼が厚い。しかし厳しくするのはあくまでも「貴族令嬢として立派になって欲しい」という純粋な親心から来るものであり決して娘への愛情がないわけではない。現にカタリナが変わったおかげでクラエス家は以前より明るくなったと言っていたり、学園祭の演劇でセリフを舞台上で忘れるという大ポカをやらかしながらもアドリブで乗り切ったカタリナを素直に褒めたりする、カタリナが無事に魔法学園を卒業を迎えた際には泣きながら喜んだりと言った描写もある。カタリナに対し実質専属使用人として学園に付いていくアン・シェリーに対しても感謝しており、夏休みの際には感謝の言葉を述べている。
ただやはり親目線で見れば普段のカタリナの素行に問題があり過ぎるためカタリナが「一部から聖女様と呼ばれ慕われている」という噂を聞いてもほぼ信用しておらず「キースならともかくあの猿に限ってそれはない」と否定してしまうほど。

本来のゲーム本編

こちらではカタリナがわがままな令嬢のままなため、彼女も引っ込み思案な性格のまま。カタリナがキースを虐めてもそれを黙認してしまうなどキースの事を冷遇している(このせいで養子として引き取られた先でも結局家族の温もりを得られなかったキースはチャラ男へと成長してしまうらしい)。

関連タグ

乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった… 母親

越谷雪子…中の人が同じな鬼のように恐ろしい教育ママ繋がり。

関連記事

親記事

FORTUNE・LOVER ふぉーちゅんらばー

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ミリディアナ・クラエス」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「ミリディアナ・クラエス」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3822

コメント