ピクシブ百科事典

概要

鹿児島県徳之島に伝わる妖怪

この名前は片目豚という意味で、この妖怪に人間が股の下をくぐられると、を抜かれて死んでしまうとされる。かろうじて命が助かっても、性器を損傷して一生腑抜けになってしまうと言われている。

そのため阿布木名の人々は、現れるとされる場所を通る際には股をくぐられないように、足を交差させながら歩いたのだという。

似たような妖怪として、奄美大島には片耳が無い片耳豚(かたきらうわ)、両耳の無い耳無豚(みんきらうわ)が伝えられている。

関連タグ

妖怪 徳之島 片耳豚 

関連記事

親記事

片耳豚 かたきらうわ

兄弟記事

コメント