ピクシブ百科事典

メアリと魔女の花

めありとまじょのはな

『メアリと魔女の花』とは、米林宏昌監督制作のアニメ映画である。
目次[非表示]

魔女、ふたたび。
この夏、メアリは出会う。驚きと歓び。過ちと運命。そして、小さな勇気に──。

概要

借りぐらしのアリエッティ』、『思い出のマーニー』を手掛けた米林宏昌監督が、2014年スタジオジブリ解体に伴い、退社後新たに立ち上げたアニメーション製作所スタジオポノック第1作品にあたる。
そのため作画が似ているせいかジブリ作品と間違われるが、全く別物のため注意。

内容は、不思議な花『夜間飛行』によって魔法の力を手に入れた少女メアリが、魔法の世界で大冒険を繰り広げるファンタジー映画。
イギリスの女性作家、メアリー・スチュアートの小説を原作としている。
主題歌はSEKAI NO OWARIRAIN

あらすじ

その地域で、七年に一度しか咲かない花、「夜間飛行」。それはかつて、魔女の国から盗み出された、禁断の「魔女の花」だった────

小さな田舎町に引っ越してきたメアリは、何をやっても上手くいかず、ずっと落ち込んでばかりいる。
ある日、気晴らしに歩いていた森の中で不思議な花『夜間飛行』を見つけたメアリは、一晩だけの魔法の力を手に入れる。
その力で魔法界最高峰の大学から入学許可を貰うが、その時メアリがついた「ある小さな嘘」が原因で、魔法の世界を巻き込んだ大騒動に発展してしまう。

主な登場人物

メアリ


声:杉咲花
本作の主人公。赤毛そばかすが特徴の11歳の女の子。
明るく元気な性格だったが、最近何をやっても上手くいかず、失敗ばかりしている。
魔女の花『夜間飛行』によって魔女の力を授かる。

ピーター

ピーターくん


声:神木隆之介
メアリが引っ越してきた田舎町に住む少年。
メアリと共に大騒動に巻き込まれ、大冒険を繰り広げる。

魔法界の人々

マダム・マンブルチューク

声:天海祐希
メアリが通うことになった魔法界最高峰の学校、『エンドア大学』の校長。

フラナガン

声:佐藤二朗
山ネズミの姿をした、エンドア大学のほうき小屋の管理人。

赤毛の魔女

声:満島ひかり
メアリにそっくりな赤毛の魔女。
本作のキーパーソンにあたる。

その他

作中、過去のスタジオジブリ作品を想起させる描写があることについて米林監督は「偶然です(苦笑)。入道雲や大木が出てくると『天空の城ラピュタ』だ!とか、崖に板が打ち付けられた階段を見て『千と千尋の神隠し』だ!とか言われるんだけど、よくある題材なんですよ」と、否定した上で「だいたい仕方がないんです。僕は20年間もジブリでやってきたんですから。そりゃ似ます。似るんですよ」とも語っている(『産経新聞』でのインタビューより)。

完成した作品について、スタジオジブリの鈴木敏夫からは『ジブリの呪縛から解き放たれると、こういう映画を作るのか。素直にのびのびといい作品を作ったね』と、高畑勲からは『好感の持てる映画』と評されたが、宮崎駿からは『おれは見ない』と鑑賞そのものを拒否されたという。ただし、完成を報告をした際に宮崎からは『よくがんばった』と称えられており、また制作状況を心配した宮崎はスタジオポノックを訪れてメロンパンの差し入れをくれたりしていたという(上記の産経新聞でのインタビューより)。なお、鈴木・宮崎・高畑の三者には、映画のスタッフロールにて『感謝』が捧げられている。

原作を見つけてきてアニメ化しようと発案したのはプロデューサーの西村義明であったが、監督自身は当初『魔女の宅急便』と比較されるから嫌だと思ったりしていたという。また、『魔女、ふたたび。』というコピーもプロデューサーが考えたもので、監督は『本編を見るまでは『魔女の宅急便』から2回目、という感じですけど、本編の展開にもしっかり呼応しています。まあどういう真意があるのかは西村プロデューサーに聞いてください(笑)。』と述べている(『アニメ!アニメ!』でのインタビューより)。

関連タグ

米林宏昌          
魔女 魔法
魔女の宅急便:雰囲気が似ていると話題になっているジブリ作品。

pixivに投稿された作品 pixivで「メアリと魔女の花」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 127114

コメント