ピクシブ百科事典

メメシス

めめしす

メメシスとは、柳生卓哉による週刊少年サンデー連載の漫画である。
目次[非表示]

概要


ストーリー

魔王軍が世界の4割を支配する中、人々は勇者レオンに一縷の希望を託す。
そんな中、2人の無名の戦士が大魔王討伐の為に立ち上がる。
2人の名はアシューとキジラ。
2人は嘗て勇者レオンの仲間だったが、レオンの女好きな性格が災いして、仲間から外された。
この物語は、仲間から外した事をレオンに後悔させる為に、レオンより先に大魔王を倒す事を目標に掲げた、女々しい男達の冒険譚である。

登場人物

主人公一行

アシュー

傷だらけ系男子


主人公の一人。勇者レオンの元仲間で戦士。18歳。本名はアベルト・アシュー
裕福な家庭の生まれであり、聡明で学はあるのだが、重度の夜尿症であり、暗所恐怖症である。また、レオンに捨てられたショックにより、非常に質の悪い夢遊病も患ってしまう。
元々キジラとは水と油の仲であったが、レオンによって共にクビにされてからは互いに互いを慰め合い、今では唯一無二の相棒となる。
その仲は魔王軍のデビッチからも「キショい」と評される程ズブズブの関係である。

キジラ
pixivimage:]
もう一人の主人公。勇者レオンの元仲間で戦士。
スラム出身であり、文盲。
幼少期は毒キノコを主食としていた為、毒には耐性がある。
元々は完全に力で押し通すタイプだったが、レオンに捨てられてからは魔導士の詠唱を耳コピして回復魔法や補助魔法を覚えるようになる。
実家は大家族で、家事は手馴れている。
お坊ちゃま育ちのアシューの為に家事全般を引き受け、家庭的な実用魔法が得意となった。

ローズ

ローズ


本作のヒロイン的存在。拳闘士。
小柄な体格に見合わず、とてつもない怪力の持ち主。
武道一家の出で、男だらけの道場の中で育つ(母親はローズを産んですぐに武者修行の旅に出た)。15歳の時に道場主である父親を倒して免許皆伝となり、母親と同じく武者修行の旅に出る。
旅の途中で魔物と戦っていたプニエとペロロを助け、彼女達の胸に触れた事で無類のおっぱいマニアと化す。
その後彼女達と共に旅をしていたが、ローズが怪我で休んでいる間に2人がレオンに付いていくこととなり置いていかれる。
そしてレオンをぶっ飛ばしてプニエとペロロを取り返す為にアシュー、キジラの仲間に加わる。
幼い頃から武道にばかり打ち込んでいた為か、彼女も文盲である。
そして好戦的で何かと騒がしい性格でもある。所謂アホの子

ラムカ
弓使いのエルフ。
以前、魔物に捕まっていた兄をアシューとキジラに助けられて、2人のガチファンになる。
表面上はクールさを保っているが、内心では2人に対してデレデレである(俗に言うツンデレ若しくはクーデレ)。
巨乳の持ち主であり、ローズに気に入られる。
ギルドでアシュー達と出会い、チームバランスの偏りを指摘し、さりげなく仲間に加わろうとするが、(レオンと違って)仲間を大切にしたいと思う2人は「これ以上仲間はいらない」と彼女の申し出を断る。
なので正確にはアシューとキジラの一行には加わっていないが、影からストーカーの如く付け回している。

リンダ

センシティブな作品


戦士。凄まじい爆乳の持ち主。
故郷と家族を魔王軍の岩石巨兵に奪われ、敵討ちの為に戦う。
魔物に襲われていたところをアシューとキジラに助けられ、その力を見込んで敵討ちへの協力を頼みこむ。
アシューとキジラが大魔王討伐を目指す理由を聞いた時には、呆れすぎて言葉を失う。
本名はナーシャ・ラキ・リンダといい、キリ国国王の孫娘にあたる。
アシューとキジラが岩石巨兵を倒し、家族の仇を取るという目的が果たされ、一旦2人と別れた後、祖父の誘いに応じてキリ国に向かっていたところを再び魔物に襲われ、魔王軍幹部デビルンルンの元へと連れ去られてしまう。
リンダを救出する為にアシューとキジラがデビルンルンと戦っていた中、乱入したレオンによって助け出される(その際、気を失っていたところをレオンにより心臓マッサージと称して胸を思いっきり揉まれる)。
その後、アシュー達がレオンを追いかけて魔界へと渡る際、魔界への鍵となる王家の紋章を彼等の為に持ち出し、仇を取ってくれた恩を返す為に一行に正式に加わる。
そして当然の如くローズから目を付けられ、隙あらば胸を揉まれる事になるが、アシューとキジラの恩に報いる為に耐え忍ぶ(ローズからは「巨匠」と呼ばれる)。

レオン一行

レオン
pixivimage:]
アシューとキジラの嘗ての仲間。
最強の勇者で、これまでに数多くの魔物討伐に成功しており、世界中にその名を轟かせている。
大魔王討伐に最も近いと目されている。
しかしその本性は女たらしのクズであり、闘技場で言い寄ってきたプニエとペロロを仲間にし、代わりにアシューとキジラをクビにした。
クビにした理由は「ぶっちゃけ、なんとなく」という、至極くだらないものだった。

プニエ
pixivimage:]
アシューとキジラの代わりにレオンのパーティーに加わった尻軽魔女その1。

ペロロ
pixivimage:]
アシューとキジラの代わりにレオンのパーティーに加わった尻軽魔女その2。

魔王軍幹部討伐参加者

キリ国国王の要請に応じ、魔王軍幹部デビルンルンの討伐と、デビルンルンに攫われた国王の孫ナーシャ姫の救出の為に世界中から集まった戦士達。
参加資格は国竜ヘビードラゴンを傷つけずに丘の上に運ぶ「竜運び」をクリアする事であり、アシュー、キジラ、ローズ、ラムカを含む15名が合格した。
討伐及び姫救出の成功者には莫大な報酬が支給される。

ジョギー
賭博勇者。
厳格な勇者の家系に生まれたが、本人は世界を救う気などさらさらなく、たった一度きりの人生をギャンブルで楽しもうとする、ある意味レオンを凌ぐクズである。
嘗てレオンとカジノで出会い、ルーレットで勝負を挑んだが、大負けに負けて身ぐるみを剥がされ、人生4000回分の借金を背負う事となった(対してレオンはカジノ史上最大の金を動かす程に大勝ちした)。
デビルンルン討伐に参加したのも、莫大な報酬を貰って再びレオンにギャンブルで勝負を挑む為というクズっぷりである。
しかし勇者としての実力は本物であり、フランスパン一つで巨大な岩や魔物を真っ二つにする事ができる。

モンジ
侍。

カヨコ
異世界である現代の東京から召喚された女子高生。

メイファン
拳法使い。「○○アル」、「○○ネ」といった漫画やアニメにおける典型的な中国訛りで喋る。

ガリィ
魔法使い見習い。
見た目は髭面でガタイの良いオッサンだが、何故か魔法使い見習いであり、性格もまるで少女のようである。
「竜運び」の際にもヘビードラゴンを片手で持ち上げる程の怪力ぶりを見せる。「気は優しくて力持ち」という言葉がぴったりと当てはまる。

ピット
魔物使い。
ローズよりも小柄で顔立ちも性格も非常に幼いが、自身より遥かに大きい魔物達を使役している。
「竜運び」では、魔物をヘビードラゴンに変身させてゴールに着くという不正を行って合格した。

ウィルス、ナイル、ミルティー
貴族剣士、貴族魔導士、貴族撃手の3人組。
貴族だけあって3人とも身綺麗である。
ウィルスはプライドが高く、勇者レオンに恥をかかせる事を目論んでいる。
ナイルは魔法で3体のヘビードラゴンを浮かせる程の力を持つ。
ミルティ―は寡黙であり、これまで一言も喋っていない。

その他の戦士


バイル
新進気鋭の勇者。同郷の僧侶パンジー、戦士リックスとパーティーを組み、世界を救う為に魔王軍と戦う。
勇者レオンを非常に尊敬しており、レオンの様な勇者になる事を志している(レオンの本性については知らない模様)。
魔王軍幹部のヘドロブラザーに挑んだが、全く歯が立たず、殺されかけたところをアシュー達に救われる。
アシューとキジラに対しては最初ため口だったが、2人がレオンの元仲間だと知ると、途端に敬語に改める。
彼の証言により、アシュー、キジラ、そしてローズの名前が世界中に知れ渡る事となる。

魔王軍

世界の4割のその支配下に置いている。
大魔王を筆頭に、魔将が2体。幹部が12体。魔王兵が数億体存在している。
12体の幹部は、大魔王から奇跡の力を宿す「王宝」を託されている。

大魔王

ザ・パワー
魔将。

サンカク剣士
魔将。

ヘドロブラザー
魔王軍幹部。懸賞金770万ドク。
一つの身体に二つの頭を併せ持つ。
口からヘドロを飛ばし、ヘドロに当たった相手を体内に吸収して自らの力に還元する事ができる。
この能力の源は体内にある王宝・吸収石「テグストーン」であり、テグストーンの力を利用して同じ魔王軍の魔物すら力の糧として吸収している。
挑発に乗ったローズを吸収してアシューとキジラを苦しめたが、ローズが体内で暴れまわったことにより動きを止められてしまう。そしてその隙を突かれてアシューとキジラの必殺技「イ・マーニ・ミテッロ」を受け、体内のテグストーンに衝撃を加えられ、ローズや今まで吸収してきた魔物達を全て吐き出してしまう。吐き出した後は急激に痩せ細る。
再び力を得る為にアシューとキジラを吸収しようとするが、吐き出した際にテグストーンも身体の外に出てしまい、隙が生まれた事で2人により十字に斬り裂かれる。

デビルンルン
魔王軍幹部。

ダークマン
魔王軍幹部。懸賞金600万ドク。
既にレオンによって倒されていた。

魔拳のググ
魔王軍幹部。王宝「千里眼」を大魔王から託されていた。
アシューとキジラがヘドロブラザー討伐に向かっている間にレオンによって倒された。

ヘドロジジィ
魔王軍幹部。ヘドロブラザーの祖父。

モリドーラ・ケンブリッジ
魔王軍幹部。異名は「皇帝」。
見た目は一頭身でとても強そうには見えないが、実力は本物である。性格は魔物に見合わず非常に紳士的であり、その為、部下の魔物達からも慕われている。
凹凸のないボディが好みである。
プライベート用の温泉を所有しており、知らずにその温泉につかっていたアシューとキジラと出くわした。
アシュー達に襲い掛かろうとする部下達を、「温泉は汗を流す場所で戦う場所ではない」と制止し、アシュー達と共に湯につかる。
その後、何故か温泉まんじゅうの大食い対決で2人に勝負を挑む。
対決の後、2人を良き好敵手と認め、次は敵として相まみえる事を宣言して別れようとしたところ、理想の体型の持ち主であるローズに一目惚れし、結婚を申し込むが「ゆでたまごとは結婚できない」断られ、ならば仲間にしてくれと頼んだところ「それならばいい」とローズに了承され、そのままアシュー達の仲間になる。
所持する王宝は美しい翼を授ける「レッド&ブルー」。あれ、どこかで聞いたことがあるような…

デスパルド
魔王軍幹部。
魔界にてレオンと一騎打ちの末敗れる。
死の間際に「皇帝」モリドーラの恐ろしさと、モリドーラがもう一組の侵入者(アシュー達)の討伐に向かったことを伝える。

ゴルゴン・ゾラ
魔王軍幹部。
モリドーラ曰く、新しく幹部になった魔物らしい。
アシュー達と寝返ったモリドーラを始末して一気に出世するつもりだったが、所詮彼等の相手ではなかったらしく、アシュー、キジラ、モリドーラによって一瞬で敗れた。

デビッチ
魔王軍二等兵→魔王軍一等兵。
少女の様な見た目の悪魔。「○○デビ」が口癖。一人称は「あちき」。
岩石巨兵やゴーマを倒したアシューとキジラを監視し、隙あらば殺そうと付け狙う。
しかし監視する中でアシューとキジラのズブズブの人間関係を見せつけられ、常に気分を悪くしている。そして2人の暗殺も予期せぬ事態により悉く失敗する。
幹部のデビルンルンに心酔しており、彼の側近になる事を目指している。

岩石巨兵
リンダの故郷と家族を奪った巨大な岩石の魔物。懸賞金56万ドク。
自身に立ち向かうアシューとキジラに対して、「勇者レオンでもないくせに」と言ったことで2人の怒りを買い、木っ端微塵に斬り刻まれる。
上記の通りアシューとキジラによって倒されたのだが、目撃者の見間違いによる証言により、レオンによって倒されたと新聞で報じられた(その誤報を人々が鵜呑みにしたことで、アシューとキジラは傷心の余り静かに涙を流していた)。

ゴーマ
勇者レオン虐殺第7支部支部長。懸賞金88万ドク。
3年前、レオンによって瀕死の重傷を負わされ、命からがら逃げ切った。
それ以来、レオンに対して並々ならぬ殺意を抱くようになる。
ゴーマ討伐の為に侵入してきたアシューとキジラの事も覚えており、レオンの元仲間という事で容赦なく殺そうとする。
身体から発する凄まじい熱気で相手を寄せ付けず、魔法「ファルテオ」により、隕石を降らせてアシューとキジラに大きなダメージを与える。
冥途の土産にと勇者レオンを隠し撮りしていた様子を見せつけ、レオンが2人をクビにした理由が「ぶっちゃけ、なんとなく」だった事を知らしめた上で止めを刺そうとしたところ、真相を知って怒りに火が付いた2人によって斬り刻まれた(その怒りの炎は、熱気を発するゴーマが「熱い」と思う程であった)。

ボンブ
魔王軍第41支部支部長。懸賞金27万ドク。
アシュー達が訪れた町に突如として現れる。
その際に読んだ新聞の誤報を鵜呑みにし、岩石巨兵やゴーマを倒したのがレオンだと思い込む。
そのボンブの言葉を聞き、「(その二体を倒したのは自分達なのに)どうせお前も信じてくれないんだろう」と涙を流すアシューとキジラによって真っ二つに斬られた。

キノゴン
ヘドロ領毒菌地帯のボス。毒キノコの魔物。
ヘドロ領に入って来た者達を阻む番人である。
毒の胞子を吸ってアシューとローズが戦闘不能になる中、唯一毒が効かないキジラと対峙。
腕力でも圧倒的な力を見せつけたが、キジラが覚えた家庭的な実用魔法が意外な効果を発揮し、追い詰められたところをキジラの解毒魔法により毒を抜かれ、すっかり改心した。

チチグルイ・ゴブゾウ
デビルンルンの手下の拷問官。ゴブリン。
名前の通り女の胸に目がなく、デビルンルン城に囚われていたリンダの胸を嬉々として揉みしだく。
リンダから唾を飛ばされても喜ぶという筋金入りのド変態である。
その様子から、デビッチからも「キモ拷問官」呼ばわりされる。

関連タグ

少年サンデー

関連記事

親記事

少年サンデー しょうねんさんでー

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「メメシス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 970

コメント