ピクシブ百科事典

モーニングハミガキパスタ

もーにんぐはみがきぱすた

ペペロンチーノに歯磨き粉をかけて食べる清涼感溢れるパスタ料理(松本人志談)。 もう一度言う…“歯磨き粉”をかけるのである。

概要

ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!内の企画「これやってみたかってん! 絶対においしい○○選手権」の十回目「絶対においしいパスタ選手権」(2007年5月6日放送)にてダウンタウン松本人志が発案したパスタ。

『絶対においしい』ではそれまで、遠藤フリスク料理シリーズや山崎USA鍋などの、傍から見れば『狂気の沙汰』としか思えないようなゲテモノ料理が数多く生み出されてきたが、先述にもあるように、ペペロンチーノに歯磨き粉をぶっかけて、混ぜて食べるというこの料理は、そんなシリーズの中でも最狂、最悪といえるゲテモノメニューであろう。

その悍ましさは、松本が食材を出した瞬間に他のメンバーから困惑の声が上がり、相方の浜田も「これはあかんよ!」っと既に嫌悪感を隠せずにいた。
そして、いざ実食の時、プロのイタリア料理人が作った美味しそうなペペロンチーノに容赦なく歯磨き粉をたっぷりかける松本に、浜田をはじめとする他のメンバーは既に絶叫を上げ、山崎から「絶対(歯磨き粉)入れすぎたでしょ!」と指摘されるが、松本曰く「全然入れすぎてはいない」ようで、さらにお好みでモ○ダミン(放送ではピー音で隠されていたがボトルや中身の色からして十中八九それである可能性が大)を「テキーラみたいな感じで」ふりかけて食べる事を提案されるが、山崎からは「いらんわ! そんなもん!」と一蹴された(基本的に普段は松本、浜田に頭の上がらない山崎が、ネタ以外でここまで強気な口調のツッコミを返すという事は相当な事である)。

こうして、出来上がったそれはペペロンチーノの香りに、歯磨き粉の爽やかな香りという対極的な匂いが合わさり、なんとも言い難い香りを発しており、松本以外全員が食べるのを躊躇し、一際強い嫌悪感を抱いていた浜田は「便所の匂いする」と評していたが、小皿に取り分けられたそれを軽く嗅いだだけで、(お得意の)盛大なえずき声を上げ、松本から「汚いなお前!」とツッコまれ、最終的な総評として「便所によくある丸いアレ(芳香剤)の匂いがする」と評し、それを聞いた山崎もえずき、とうとう松本さえも「ニオイ消しのボールの匂いがする」と大爆笑した。

そして、言い出しっぺという事で松本が先手を切って、口を付けたものの、言うまでもなく口に含んだ瞬間に思わず吹き出してしまい、「もう一人のちっちゃい俺が中で…」と呟きながら、押し出す仕草をして、その強烈な味を表現。さらに「後味もすっげぇぜ!」と言い「すげぇなこれ!罰ゲームやな!」と自ら作ったにも関わらず、その強烈至極な味を評した。

そして、その言葉に押されるように、浜田以下他のメンバーも意を決して食べてみたものの、言わずもがな全員が一口食べた瞬間に吐き戻してしまった

浜田、遠藤、田中、山崎「いっせ~ので…」

ズズッ…

浜田、遠藤、田中、山崎「ウェ゛ェェッ!!?」


さらに、物は試しにと松本がモ○ダミンをふりかけてみたところ、さらに匂いが強烈になった様で、浜田は「兵器や!」と叫んでいた。
最後に松本は「これ毎日食うてたら、怪獣になるで」と言って締めた。

ちなみにこの料理には採点が付けられる場面がなかった為、最終的な評価は不明だが、もし評価されるとしたら、同回で同じく松本が発案して、史上最低記録となる『全身ドクロ2体』を叩き出した『冷製スイカパスタ』と同位か、それ以下の評価である事は間違いないだろう。

関連タグ

ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!! 絶対においしい
ダウンタウン 松本人志
パスタ ゲテモノ どうあがいても絶望 みんなのトラウマ
セレブパーティーパスタ…同回で相方 浜田が発案したゲテモノパスタ。

関連記事

親記事

絶対においしい ぜったいにおいしい

兄弟記事

コメント