ピクシブ百科事典

モーメント

もーめんと

本項では『遊戯王5D`s』に登場するエネルギー機関を説明する。
目次[非表示]

曖昧さ回避

Wikipedia(外部リンク)

概要

本編のネオ童実野シティを中心とした、世界各国で大小様々な形で運用される無公害の半永久エネルギー機関。これによって、世界はエネルギー問題を解消するだけでなく飛躍的な発展を遂げる。

エネルギー源は遊星粒子と呼ばれる新たな原初粒子。遊星歯車のように、粒子同士をつなぐ特殊な作用がある。

開発陣

モーメント開発機関『MIDS』の元で現在のサテライトに初期型のモーメントが開発される(後の旧モーメント)。

開発主任は遊星粒子の発見者でもあり、後に誕生する不動遊星の父親不動博士。助手としてルドガー・ゴドウィンレクス・ゴドウィンが着任する。






















開発途中の不可解な現象とナスカの神々

レクス「エネルギーゲージが異常な数値を示しています!」
ルドガー「装置に異常はないようですが…」



モーメントを開発しているある時、モーメントが突然逆回転を始める。装置そのものに異常は見られないにも拘わらず、実験を行う度に不可解な現象は起こり、シティは異常気象に見舞われた。そのため、不動博士は安全を確保されない限りはシティを危険にさらせないと、実験の中止を決断する。


実験が中止された後、ルドガーは世界中で同じような現象が起きていないかを調べた。そして、同じ時間で異変が起きている場所を突き止めた。

ナスカの地上絵である……そして、五千年ごとに繰り返される神々の戦い伝説を聞いた。地上絵が封印された邪神である事も。

その地で、ルドガーはイリアステルの使者と出会い、自らの左腕に刻まれた痣の秘密も、五千年ごとの戦いが真実である事も知らされる。















惨劇

ルドガーはモーメントの光に触れ、全てを悟った。モーメントが五千年ごとの神々の戦いに欠かせないことを……………そして、モーメントを通じて邪神に身体を乗っ取られたルドガーは………

「何を言われようと、私はモーメントの開発を止める!!」

不動博士は研究中止の意見を変えなかったが、市議会やスポンサーは出費などの理由から不動博士を『MIDS』から除名し、ルドガーを後任の開発主任にした。


「だが、モーメントには既に制御装置を造った!その封印を解かぬ限り…」
「封印とは、このことですか?」

しかし、不動博士もナスカの地で行われる神々の戦いとモーメントの関わりには気付いていた。それに基づき、モーメントには四つの制御装置を開発し、それらの封印を起動させるデュエルモンスターズのカードを作っていた。

即ち、

スターダスト・ドラゴン
レッド・デーモンズ・ドラゴン
ブラック・ローズ・ドラゴン
エンシェント・フェアリー・ドラゴン

である。



だが、ルドガーは制御装置から四枚のカードを取り外していた。不動博士はそれを咄嗟に奪い取って逃走するが、そのさなかでエンシェント・フェアリー・ドラゴンのカードだけは落としてしまい、不動博士はレクスに残った三枚を託し、モーメントの暴走を止めようとする。



そして、レクスは中枢の制御室で左腕を切断したルドガーを発見する。まだ正気を保っていたルドガーはいずれ、シグナーと呼ばれる者達が現れる事を告げ、彼らに自らの打倒を託すように伝える。豹変したルドガーは自分が二つの神を宿し、自らは邪神を選んだ事を告げる。その意を受け取ったレクスは研究所を脱出する。

そして…………










「これで私は生まれ変わる………ダークシグナーに!!」






ルドガーはモーメントを暴走させ、その光に飲まれた。不動博士も妻と共に犠牲となり、サテライトの多くの住民が死亡する。更に、モーメントの規格外のエネルギーによって地続きだったシティとサテライトが分断され、脱出したレクスもサテライトに取り残されてしまった。

これが後のゼロ・リバースである。モーメントの暴走であるという事実は『MIDS』により隠蔽され、公には天変地異ということになっている。




遊星粒子の秘密

遊星粒子は只の粒子ではなく、人の心を読み取り、それによって性質や力を変える生きたエネルギーであった。不動博士とルドガーはそれに気付いていた。

この粒子は古代から人々の間で利用されてきた。良き心が赤き竜、悪しき心が邪神として。

つまり、赤き竜とそのしもべであるシグナーの竜、地縛神は人々の心によって生み出された存在だったのである




だが、その性質故に遙かな未来ではゼロ・リバースを遙かに凌ぐ破滅と絶望が訪れてしまう








破滅と絶望

不動遊星がダークシグナーを倒した200年後、世界はシンクロ召喚によってモーメントが更にエネルギーを放出し、それにより世界は急激な発展を遂げていた。世界は正にシンクロ召喚で埋め尽くされていた。

もっと進化を、もっとレベルを上げろ………もっと、もっと




しかし、それが絶望の始まりであった。際限ない進化により、人々の心が誘惑や欲望の悪意に染まり、増長していった。モーメントはその影響を受け、更にネットワークがその影響を受けた。

このままでは地球は滅びる。その元凶である人類を滅ぼせ。

ネットワークは地球の滅亡を阻止するために、機械の軍隊を生み出した。不動遊星の時代から二百年、既に赤き竜もシグナーの竜もいない時代に破滅が到来したのである。

機械の軍隊は突如として世界中に出現し、人々を攻撃していった。こんな状況下でも、人々は誘惑と欲望にとらわれ続けており、やがてそれは限界を超えた。世界中のモーメントが破滅的な逆回転を始め、暴走……全てのモーメントが爆発した。世界を道連れに…………


かつて、不動博士が信じたモーメントにより紡がれる未来は人間の欲望と悪意によって破滅と絶望の道を突き進み、滅びてしまった





そして、僅かな生き残り達はこの絶望を変えるべく抗うこととなり、ありとあらゆる手段を講じる






新しい未来

モーメントを取り巻く運命を乗り越えた不動遊星は、世界を破滅と絶望の未来へ進ませない為の第一歩としてメインフレーム・フォーチュンを開発した。これにより、かつて父が開発した制御装置と同じようにモーメントの暴走を未然に防ぐ装置を開発したのである。
















関連タグ

遊戯王5D’s 
シグナー ダークシグナー 
赤き竜 シグナーの竜 地縛神 機皇帝
イリアステル

関連記事

親記事

遊戯王5D's ゆうぎおうふぁいぶでぃーず

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「モーメント」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 47

コメント