ピクシブ百科事典

ユーリィ・L・神城

ゆーりぃえるかみじょう

ユーリィ・L・神城とは、『ウソツキ!ゴクオーくん』に登場するキャラクターである。
目次[非表示]

概要

6年の転校生として八百小にやって来た少年。実は正体は、天国からの使者で神の御前に立つ
四大天使のひとりで、正式名称は『大天使ウリエル』である。ゴクオーからは「ユリ太郎」と
呼ばれており、ゴクオーとはずっと昔からの知り合いだが仲は非常に悪い。
転校する以前から小野天子のことを知っており、彼女の良心に惚れ込んだユーリィは世界を
幸せに導く大天使に育て上げるべく天子を天国に連れて行こうと企んでおり、そのためには手段を
選ばず、天使らしからぬ一面を持っており、タメイキからは「・・・ゲス」と吐き捨てるかのように嫌悪されている。
部下としてラクレスがおり、ヘビバトというペット的存在の相棒がいる。

本編での描写

ネタバレ注意

しかしその一方で、(思惑があったとはいえ)ゴクオーと共闘して土壺浜流を追い詰めたり、
ゴクオーの無実を訴える天子を皮肉を言って罵倒する酉馬先生からかばって自らゴクオーの
潔白を証明したり、矢木増スギルの味方をしておきながら彼のウソがバレると手のひらを返して
彼を非難するクラスメートを間接的に咎めるなど彼なりの正義を見せることがあり、天子に関わる
ことがなければ割と天使としての技量を見せている。




















天国vs地獄篇

ゴクオーに転生羽を「天子の近くにある」と言って「筆箱の中にある」とウソをついて(実際はネコカラスの体に埋め込まれていた)、ゴクオーに天子の筆箱を引き裂かせるように煽らせ、間接的にゴクオーと天子の中を引き裂いたうえに天使にさせた。
天子を天国に連れて行ったあと、ゴクオーが天子を救い出すために10大地獄長と共に向かってくる前に、四大天使の3人(ミカエル・ラファエル・ガブリエル)に「地獄の者が神の命を狙いに来る」とウソを吹き込みゴクオー達に立ち塞がせる。しかし最終的に、仲間を協力と犠牲によってゴクオーに北の塔に向かわれた。完全に天使になってしまう前に一騎打ちをするが、1対1はウソだったようで、ラクレスが襲い掛かってきたときはバトラーに蹴散らされるが、ヘビバト(ウロボロス)の攻撃を食らわせる。「やはりあせっておるな、いつものオマエなら少し考えれば予想できたウソだよ?」とゴクオーを煽っていくが、時間切れになって天子が天使になったと思い勝利を確信したが、実はネコカラスが時計のハリを進めていただけであり、実際は時間切れになっておらず天子の完全な天使化は阻止されてしまった。「相当焦ってたのはオマエのほうだったな」とゴクオーに嘲笑され、ユーリィはヤケになってゴクオーを襲うが、キセキの使いすぎたことが災いし返り討ちを食らい、「因果王砲」でとどめを刺され「悪漢ベー」でウソをつけない舌を授けさせた。
本当の目的は「優しい人間を優しいままにいさせてあげる」ことであり、数年間、成長と共に黒に染まっていく人間に対し、キセキの力が足りず天使としての役割に疑問を感じていた。そこで神の目を盗み人間を”天使化”する計画をラクレスと共に進めていく内に天子の存在を知り、現世で黒くなってしまう前に天使化しようとしていた。ゴクオーとの決戦の末、人間はどんな困難も乗り越えられると知り、自分に感謝してくれた天子に現世に負けるなと言葉を投げかけた。
その後、ユーリィは表向きはフランスへ留学しに行くという理由で八百小を去った。

関連タグ

ウソツキ!ゴクオーくん 天使 ウリエル

pixivに投稿された作品 pixivで「ユーリィ・L・神城」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 13957

コメント