ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

ゴクオーのクラスメイトで、クラスは5年2組→6年2組。
クラスのガキ大将で体が大きくキレやすい。
しかし根っからの悪い人間ではなく、弟思いな一面を合わせ、第1話で天子を陥れようとした前担任教師が起こした事件で天子に謝罪していなかったことを深く反省し、これからは天子を無闇に疑わず、天子が困っていたら助けることを誓っており、第56話で左丹下ルシオの策略によってルシオの歓迎会の飾り付けを壊した疑いを掛けられた天子を庇った。
また、第25話でゴクオーの無実を訴える天子に皮肉を言い罵倒する教育実習生の酉馬のあまりの悪辣な態度に苛立ちを見せ、彼がユーリィの介入や事の顛末を知ったゴクオーにウソのつけない舌を与えられ、大学で一から勉強し直すということで学校を去った後は自分達を騙そうとした上、天子を一方的に罵倒し怒鳴り散らした酉馬に対して舌打ちをしていた。
また、第53話では、たき火であたりを焼け野原にした疑いをかけられた(実際にたき火をしたのは6年生の児童)クラスメイトの壱兆金太郎を「以前ゴクオーにやられて反省したからこんなマネするわけがない」と庇った。
部屋の中は常に散らかっており、その散らかりっぷりは自ら「一度物をなくすと見つけるのは困難」と言いきったほど。
得意科目は体育、苦手科目は算数と家庭科。大好物はカレーライスで、本人いわく「カレーならケーキにかけてだって食える」のこと。
とくにクックレカレーというレトルトカレーがお気に入りらしく、本人いわくクックレカレーなら100杯いけるのこと。

家族

虎丸
3つ下(2年2組→3年)の弟。2年生の時の担任は険市(けわし)という厳しい先生で、竜丸が恐れる数少ない存在である。

竜次
祖父で現在は故人。
お盆休みにユーリィのキセキを使い、生前果たせなかった孫の竜丸と遊ぶという約束を果たすため、正体をかくし、少年の姿で現世に里帰りした。
しかしゴクオーには、手で回すベーゴマ型玩具のベイ丸で遊ぶときに紐を出してしまったり、帰り際にその場にはおらず話題にも触れてない虎丸について言及するなどウソがあまかったため、正体を気付かれていた。
また、天国へ戻る直前に、「タツ(竜丸)の友達の誰かはわからないが、1人の子供の体に2つ魂を持ってる感じがした。」と言い残した。

関連タグ

コロコロコミック ウソツキ!ゴクオーくん

関連記事

親記事

ウソツキ!ゴクオーくん うそつきごくおーくん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「番崎竜丸」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 508

コメント