ピクシブ百科事典

ユーリヤ(対魔忍)

ゆーりや

ユーリヤとは、ゲーム「対魔忍アサギ」シリーズの登場人物である。初出は「対魔忍アサギ~決戦アリーナ~」。
目次[非表示]

「メイドのユーリヤと申します……よ、よろしくお願いします、ご主人様!」


プロフィール

所属ノマド(決戦アリーナ/対魔忍RPG
イラスト柄あゆり
CV北板利亜


概要

非常に怖がりな性格をしており、かなりのドジっ子。
メイドなどお世話全般の仕事をメインとしている。
見た目は小柄の少女だが、その正体は、エドウィン・ブラック直属の部隊所属でノマドの幹部だけしかその存在を知られていない。

ミスト

裏の世界では随一とされるプロの暗殺者。魔界で主に活動しているが、その腕は人間界でも、魔族との繋がりの深い場所でちらほらと名前が流れており、政財界からミストに暗殺を依頼したいという声もある程。
正体を悟られないようあらかじめ自分自身に暗示をかけており、普段はドジっ子メイドを演じているが、ブラックからの指示が届いたり、危険が迫った時のみ元の冷酷な暗殺者の人格に戻る仕組みとなっている。

決戦アリーナでは

カードは5種類と結構多くふうま小太郎とも因縁が深い。
ブラック直々の命を受けてノマドから逃げてきた所をふうまに匿われたという設定でメイドとして潜入し、スパイとして活動していたが、イベントシナリオ内で彼女の裏切りが発覚し、激怒したふうまによって厳しく折檻される。
辛くも脱出したが、ふうまに自分の素顔を晒されたことや任務失敗からノマドに戻れなくなってしまう。
それを理由にふうまに憎悪を募らせるが、同時に愛憎入り混じった感情も出すようになり、次第にヤンデレ染みたキャラに変貌している(回想でもふうまとの生活は嫌いではなかった事が明かされている)。
他のイベントにも登場しては実力行使に出るが失敗し、再び復讐の機会を待つ…という所でサービス終了してしまった為、ふうまとの決着が色んな意味でつかないまま出番が終わってしまった。


対魔忍RPGでは

こちらでも最初はノマドに従う暗殺者の設定で登場。
ユニットはHRの4種類。うち一つはクリスマスと浴衣限定となっている。
当初はストーリーには登場しておらず、本来の人格も見せていなかったが、イベント「魔界騎士と次元の悪魔」にて初登場。別のイベントにもチョイ役として出ている。
ミストの人格で正体不明の人物に報告を終えると普段の人格へ戻り、主人の元へ帰っていった。

回想によれば、ふうまに追われた所を助けられるのだが、その際に捕縛した男が雇い主だった為、ふうまにも素性がバレて行く宛を失い、ふうまに押しかける事となる。

彼女の正体や前世の事もあったからか定かでは無いが、ふうまも最初は大人しく出て行ってもらおうと考えていたが、彼女の想いの強さに根負けして、メイドとして雇う事となる(その際にふうまは色んな事で時子と非常に揉めたらしい)。

殆ど前作と同じ流れではあるが、2枚目のプロフィールでは、ふうまに自分の正体や身分を全て明かし、知る限りの情報を提供しているらしく、ノマドや闇の情報からスーパーの安売り情報まで、あらゆる情報を伝えているらしい。

後にクリスマス回想ラストではノマド幹部と密会をする不穏な動きを見せ、浴衣にて実際は身分を明かした上でスパイとして潜入していることが発覚した。
だが、彼女自身は共に過ごす内にふうまに純粋に惹かれ、この気持ちだけは本物であると弱音を吐き出すと同時にその想いを踏みにじる裏切り者ミストであるという事実の板挟みに苦しみ、一人弱々しくふうまに助けを求める姿が描かれ、前作以上に彼女を苦しめる結果となっている。


関連タグ

決戦アリーナ 対魔忍RPG ふうま小太郎

関連記事

親記事

決戦アリーナ けっせんありーな

兄弟記事

コメント