ピクシブ百科事典

ヨモギ(ニンジャスレイヤー)

よもぎ

ヨモギはサイバーパンクニンジャ活劇小説『ニンジャスレイヤー』の登場人物の一人。
目次[非表示]

◆忍◆ ニンジャ名鑑#(未掲載) 【ヨモギ】 ◆殺◆

「・・・知ってる?ニューロンが焼けると、すごく、気持ち良いんだって・・・」

人物

初出は第2部「ナイト・エニグマティックナイト」。
キョートのアッパーガイオンにある進学校『シノノメ・ハイスクール』に通う18歳のサイバーゴス女子高生
隣のクラスの少年ナブナガ・レイジに想いを寄せる恋する乙女・・・
なのだが激しい妄想癖がある上、電脳カルト教団『ペケロッパ・カルト』の狂信者で何かと彼に生体コネクタのLAN直結による危険な電脳ファックを迫ったり、彼と彼の周辺を周到にストーキングしたりとかなり困ったちゃんな女の子。
そのためレイジも彼女のことはなるべく避けようとしている。

ある日、校門前でレイジの落としたハイクノートをたまたま拾ったヨモギは、ノートを届けるために以前からチェック済みだった彼の住むマンションに嬉々として向かうのだが・・・。

狂ってはいるが、その本質こそ伝わらないまでもレイジのハイクをただ一人理解しようとし、また彼のことを心から愛していた少女だった。

容姿

ヨモギ=サンカワイイ!


普段から青と白のLANケーブルウィッグ、サイバーサングラス、サイバーガスマスクで顔を隠している。
ガスマスクの下の素顔は病的なほどの白い肌をしており、その上からゴスファンデーションと黒いアイシャドウ口紅によってゴスメイクを施している。
またその頬にはペケロッパ・カルトの紋章がタトゥーとして刻まれている。
シリコン製の蛍光リストバンドを身に付けており、爪の色はターコイズ
下着は蛍光色で学校では制服、私服では黒のタイトなPVCスーツを纏っている。
その胸は豊満である。


劇中の活躍(ネタバレを含みます)






電子解錠装置とスタンガンを駆使してレイジ宅に不法侵入することに成功するが、肝心のレイジは留守中であり、彼の家に居候している元軍人で乱暴者のモヒカン男のことをチェックしていなかったため不意打ちを受けて拘束される。
そのまま強姦されそうになるが、帰宅したレイジの助けもあって共に反撃、レイジに抱えられ二人で逃走する。
そしてチェーンソーを持って追ってくるモヒカン男から逃げている最中、レイジのうなじと生体LAN端子に興奮して我慢できなくなり、ついに念願の彼の生体LAN端子に自らの生体端子を直結することに成功。
わずかな時間、共有したコトダマ空間にて想いを伝えるが、勢い余ったレイジの大ジャンプによって二人そろってビルから落下してしまう。
ただの人間である彼女はそのまま転落死してしまうが、その死に顔は不思議と嬉しそうで、穏やかで安らかな笑顔を浮かべていた。
落下の最中にニンジャソウルに憑依されニンジャ化したことで助かったレイジは、ヨモギの死に顔を見て自分でも理由のわからぬ涙を流し、ニンジャ『シャドウウィーヴ』へと生まれ変わるのだった。

彼女の存在と死はウィーヴの深層心理に深く刻みこまれ、後にニンジャスレイヤーに追い詰められて死に瀕した際も『安らかな死の象徴』として彼女の幻影を見ている。

関連タグ

ニンジャスレイヤー シャドウウィーヴ

pixivに投稿された作品 pixivで「ヨモギ(ニンジャスレイヤー)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1457

コメント