ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

人間は必ず変わっていくものだと思う

だから良い方にも 時には悪い方にも変わりながらも

それでもずっと一緒にいれたら良いと思う



CV:寺島拓篤(ヌイ〈阿波連家の飼い犬〉との兼ね役) / 松井恵理子(幼少期、道徳教師との兼ね役)


概要じゃね?

ごく普通の男子高校生。

本作の主人公である。

クラスメート達からは常に「ライドウ(くん)」と呼ばれる。姓の漢字表記が「来堂」であることは判明しているが、下の名が本編で明かされることは一切なかった。家族は母親と中学生の妹(CV:長江里加)が登場している。

妹も下の名が判明しておらず、キャラクター名が「ライドウ妹」である。


人物像じゃね?

長身でがっしりした体格に加えて無口ポーカーフェイス気味だが、博識で物腰の柔らかい性格。

クラスで隣の席に座った阿波連れいなとの距離感を感じていたが、彼女が落とした消しゴムを拾ったことで接点を持つ。

(単行本1巻おまけ及びアニメ版では、中学時代に強面の印象を持たれてうまく人間関係を築けず、高校デビューを目指し「友達を100人作る」ことを目標に掲げていたことが語られている。)

一応今作のツッコミ役ポジションで「~じゃね?」「~くね?」が口癖(と言ってもほぼ脳内ツッコミ)。この口癖は2022年4月から始まったアニメでサブタイトルにも導入されている。

しかし妄想癖が激しく、他者のボケを圧倒するような言動をすることもある。また何かとハイスペックぶるが、スポーツゲームなどの勝負事にはことごとく敗北しているポンコツ気味な側面もある。

料理作りも慣れておらず、出来の悪い料理を作って力尽きてしまう始末。(にもかかわらず小さい頃の夢はパティシエだったようだが)

また、動物が苦手な為、阿波連家の飼い犬ヌイを「巨獣」と呼び恐れている。


阿波連さんとの関係じゃね?

れいなの事は一貫して「阿波連さん」呼びである。れいなとれんが一緒にいる(どちらも阿波連姓なので「阿波連さん」ではどちらに呼びかけたのか判らない)場面で一度「れいな」と呼んだことがあるが、呼ばれたれいなが顔を真っ赤にして「阿波連でいい」と言ったため、以降この呼び方は行っていない(本人に対する呼びかけ以外だと、れいなの母親・あいとの会話で「れいなさん」呼びしたことはある)。


表情に乏しいが他人との距離感が「はかれない」阿波連さんのグイグイくる行動を生真面目に受け止め、健全な友人関係を構築している。

一方、知り合った直後から顔面が接触しそうな距離での会話腕を組んで一緒に下校、昼休みに屋上で手作り弁当あーんで食べさせるなど、傍からはカップルにしか見えないような行動を連発されても一切ドギマギしたり下心を抱いたりしない、とんでもない朴念仁でもある。

もっとも、阿波連さんも他人との適度な距離感が測れずにこうした行動を取っているだけなので、無闇に恋愛感情表現だと勘違いしないライドウとは良いコンビとなっている。

阿波連さんの家族ぐるみでの交流を続けるうち、二人の距離感は徐々に変化していく。


関連動画じゃね?

そうなんだライドウ


関連タグじゃね?

阿波連さんははかれない 阿波連れいな


ライドウ:名前繋がり。

只野仁人コミュ障なヒロインとの交友を持つ主人公繋がり。がいる点も共通している。

西片隣の席の考えの読めないヒロインとコメディを繰り広げる作品の主人公。勝負を仕掛けても大概は負けてしまうという点も似ているが、こちらは中学生。

田中歩無愛想な後輩とゆるゆるガードの先輩ヒロインが繰り広げる将棋アニメの主人公。仏頂面で無愛想な表情という点が似ている。















※※※以下、最終巻ネタバレ※※※




































「章太くん」

阿波連さん


最終巻の描き下ろしにて、下の名前が「章太(しょうた)」、つまりフルネームは「来堂章太」であるということが明かされた。

関連記事

親記事

阿波連さんははかれない あはれんさんははかれない

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 233782

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました