ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

プロフィール

身長176cm
体重62kg
血液型B型
利き腕
出身地ベンウィック
種族半妖半人
年齢10歳(七つの大罪)→16歳(黙示録の四騎士)
誕生日4月29日
血液型B型
CV内山昂輝

シン状態

体長60cm
体高36cm
体重10kg

概要

父はリオネス王国の騎士団「七つの大罪」の一人・〈強欲の罪〉バン、母は妖精族の姫エレイン。〈怠惰の罪〉キングこと妖精王ハーレクインは伯父にあたる。


容姿は母譲りの金髪と父譲りの赤眼の少年だが、これは人間としての姿であり、緑髪に一部金髪が混ざった浅黒い肌の小太り体型の妖精としての姿を併せ持つ。


経歴

10歳の頃、親同士の交流があったトリスタンと稽古中に額に傷をつけられる。

その後、目付け役であるジェリコと共に神隠しに遭う(『七つの大罪』番外編)。

14歳の頃妖精の姿でトリスタンに偶然再会し、共にエジンバラへ乗り込み、共闘するが、その時点で神隠しから故郷に帰っているかは不明。

(少なくともジェリコは一緒に行動というわけではなく、ランスロットを近くで見守っている様子で後からエジンバラに到着したバンはランスロットもジェリコも近くにいることは察知している。)

(アニメ『怨嗟のエジンバラ』)


数年経ってから帰還したものの、理由を告げず出奔したジェリコを連れ戻すため再び故郷を離れる。


16歳の青年に成長した後、予言により「黙示録の四騎士」の一人であることがわかり、トリスタンと共に「残る仲間2名を発見し、リオネスに招致する」というメリオダスの密命を帯びる。

パーシバルの発見後は、言葉を解する狐「シン」の姿をとって接触し、彼と3人の仲間たち(ドニーナシエンスアン)を鍛えつつリオネスへと導く。

道中ではパーシバルの人間性の見極めのため、表向きは最低限の助言にとどめ、混沌の騎士などの試練に対しては手を貸さず、彼らの実力では手に余る脅威と判断した場合のみ密かに人間態に戻って排除していた。

しかしリオネス到着の手前にて、自身が実質的な司令塔であることを混沌の騎士に看破されたため、やむなく仲間たちにも正体を明かした。


四騎士の集結後、パーシバル隊およびトリスタン隊と共にキャメロットに乗り込む手段を探す旅に出る。その中継点候補である魔界ではパーシバルに修行をつけ友達と呼べるほどの関係を築くが、モートラックの暴露で己の正体を知ったパーシバルは自死。

友達を守れなかったことへの罪悪感を抱えたまま故郷に帰還した。


魔力

朧月(ヘイズィ・ムーン)

英雄型の魔力。(作中では少なくとも、破壊、付呪、探索、幻惑の魔力を使っていた。)

攻撃に用いるととてつもない威力を発揮するものの、肝心の武器がランスロットの魔力を許容できず破損してしまうという欠点があり、剣などの白兵戦用武器を携帯できない。

これをカバーするため普段は魔力充填量が少ない弓矢をメインで扱っているが、強敵相手では心もとないため、強力な武器を作成できる巨人族の鍛冶師ダブズの行方を探っている。

  • 変身

幻惑型で妖精族としての能力。動物や他人の姿に変化できる。

  • 読心

探索型で母譲りの能力。他人の思考を読み取る。

  • 探知無効(仮称)

隠密型で魔法陣(ポータル)を描き、その範囲に入ってる者の魔力を他者に知覚出来なくする魔術。妖精王に習った模様。

  • 月の導き(シャイニング・ロード)

破壊&付呪&探索型でナイフから相手を追尾する光の道筋(ビーム)を放出する技。闇のタリスマンのリーダーを消し飛ばした。

  • 腹から光線(ストマック・レイ)

アルビオンの必殺技。ランスロットがただアルビオンの腹から矢を放っただけ。


装備

  • 弓と矢

両手首に装着するリストホルダーに魔力で縮小した矢をストックしており、引き出す際に元に戻してから弓に番えて射る。

上記の都合から重用していたが、ななしとの戦いの中で弓を破壊される。


  • 白鹿

ななしより譲り受けた名工ダブズの手による太刀。


関連タグ

七つの大罪(漫画) 黙示録の四騎士(漫画)

ランスロット...名前の元ネタである円卓の騎士

関連記事

親記事

黙示録の四騎士(漫画) もくしろくのよんきし

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 11056

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました