ピクシブ百科事典

ランスロット・トライアル

らんすろっととらいある

コードギアスのスピンオフ『コードギアス 双貌のオズ』に登場したナイトメアフレーム
目次[非表示]

スペック

形式番号Z-01/TX-02
所属ブリタニア軍・グリンダ騎士団
製造キャメロット
生産形態試作機
全高4.49m
全備重量6.97t
推進機関ランドスピナー
動力源ユグドラシル・ドライブ
武装
  • メーザーバイブレーションソード×2
  • ヴァリス(可変弾薬反発衝撃砲)
  • スラッシュハーケン×4
  • 対ナイトメア戦闘用大型ランス
特殊装備ブレイズルミナス
搭乗者マリーベル・メル・ブリタニア、トーマス・キンメル


概要

ランスロット量産化計画に伴い開発された量産試作機。
いくつか造られた「ランスロット」の予備パーツで、同機の量産を目的とした試作機「ヴィンセント」のそのまた試作型として組み上げられた云わば「試験型ランスロット」。本機は赤を基調としたカラーリングから「赤ランスロット」とも呼ばれる。

グリンダ騎士団の功績を祝うべく開催されたKMF記念リーグの会場の展示物としてカリーヌ・ネ・ブリタニアの指示で配置されていたKMFとして登場。彼女の有するKMFの1つである模様。
持ち主のカリーヌが起動しようとしていたが、彼女の真意を察したマリーベルが阻止し、起動キーと共に事態の収拾を託される。

テロ事件の鎮圧後はマリーベルの乗機としてカリーヌから譲り受ける形でグリンダ騎士団に配備、彼女の専用機として活躍する事になる。

過去にはトーマス・キンメルが登場し、オリジナルとグレイルと共に模擬戦を行っていた。

コアランスロット

最終決戦に向けてマリーベルが改修・改良を施したKGF「エルファバ」のコアKMFとして搭載されたトライアル。
コクピットはKGFの前面にある上、サザーランド・ジークと異なり腰から上が健在であるなど、実質的にはフィギュアヘッドのように配置されている。
KGF側が破壊された際にはこのコアKMFが分離し、搭乗者の保護を行う。

余談

元々はアニメ雑誌「ニュータイプ」で公開されたランスロットの初期デザインであり、
後に「双貌のオズ」において本編のランスロットとは別の機体という新たな設定を加えて登場した。

関連タグ

コードギアス コードギアス双貌のオズ KMF マリーベル・メル・ブリタニア
ランスロット ランスロット・グレイル

pixivに投稿された作品 pixivで「ランスロット・トライアル」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 968

コメント