ピクシブ百科事典

リヴァハン

りゔぁはん

『進撃の巨人』のリヴァイ×ハンジのカップリング。
目次[非表示]

概要

ハンジの原作における性別は公式で明らかになっていない為、NLBLが同時に存在する奇妙なカップリングとなっているものの、嘘予告でハンジがスカートを履いていたり、アニメの声優、映画版の俳優が共に女性だったりすることもあってか、NLとして描くファンの方が多い。アニメと実写版におけるハンジは女性であることが判明している。
ちなみに声優が某進撃ラジオにて、ハンジのことを何度か「彼女」と呼ぶ事があった。
北米版アニメでは、ハンジの名前がゾーイ・ハンジ(Zoë-Hange)となり、姓名が逆になっている。欧米ではゾエ(ゾーイ)が一般的に女性のファーストネームであるからだろう。


実は進撃の巨人男女CPのpixiv内でイラスト・漫画・小説の総合で一番作品数が多くなっており、またpixiv内の男女CP作品数も2番目に多い


しかしながら、作品を投稿する際は念のため、ハンジの性別を女か男か性別不明のどれで書いているかを明記しておいたほうが無難である。
ちなみにアニメ9話以降、このカップリングがやたら増えた。理由は言うまでもなくあのシーンである。

作中にて 

5巻19話 まだ目を見れない

エレンの歯を折ってハンジに窘められたリヴァイがすぐさまエレンの機嫌を取りに行った。
ちなみにこのシーンはアニメ版だと「エレン、俺を恨んでいるか」のくだりでハンジが折れたエレンの歯を取り出した時にエレンに話しかけているのだがずっとハンジの顔を見ながら話している。
詳しくはこちらを参照。

13巻51話 リヴァイ班

「ハンジだ入r「失礼するよエルヴィン」
エルヴィン、リヴァイ、ピクシス達がいる部屋にハンジがノックをするのだが音だけでハンジだとリヴァイはわかっている。もう一度言う。ノックの音だけでだ。

13巻53話 狼煙

「ってリヴァイは言ってんだよね」「...あぁ 助かる......」
硬質化実験に失敗し、落ち込むエレンに対しリヴァイは声をかけるが口下手故にエレンはキョトンとしなにいってんだこいつ状態である。その後ハンジがすかさずフォローした。読者もエレンと同じなにいってんだこいつと思ったであろうシーンだが、ハンジが翻訳してから見ると意味がわk......やはりわからない.....。二人の長年の付き合いと仲の良さを表しているシーンであり、一部のファンからは兵長翻訳機分隊長と呼ばれるほど。

15巻62話 罪

「その血にタネか仕掛けがあるってのか?」
ヒストリアの母が中央憲兵に殺され、ロッド・レイスの家族がロッド・レイス以外惨殺されていること、ロッド・レイスが家族を失った直後にヒストリアに接触を図ったことに対し、リヴァイは疑問を抱き、ハンジに対し「血縁関係か...その血にタネか仕掛けがあるってのか?」と聞くがスルーされている。

16巻64話 歓迎会

ハンジがトウラテの手によりピンチになるがそれに真っ先に反応したのがリヴァイである。また、19巻78話 光輪においても言えることだが、ハンジが負傷したり、生死不明になった際は(リヴァイが戦場にいない場合を除いて)直後のコマにリヴァイが描かれている。また、リヴァイが困った状況になった時はハンジが助けることがとても多い(そもそも人類最強なのであまりピンチの場面はないが)。ミカサに刃を向けられた際、115話など。数少ないリヴァイのピンチの場面で体を張ってその命を守ってるのがハンジである。

18巻73話 はじまりの街

「...だが」「やるしかない」
シガンシナ区に巨人が一匹もおらず不審がるハンジに対し、背中合わせでリヴァイとハンジが「…だが、やるしかない」というセリフをわざわざ二人に分けて言っている。このシーンはアニメ版だとセリフが変わっている。

22巻89話 会議

「何してるの?」
「進撃の巨人」とクルーガーと記憶を重ね、ポーズを取るエレンに対しハンジは「何してるの?」問い詰める。それに対しリヴァイやアルミンは、エレンのそのポーズを厨二病特有のものだと解釈し見当違いのフォローをする。無論、エレンは厨二病ではない。
しかしファン達からすれば、厨二病を理解出来ない母親が厨二真っ盛りの長男に真面目に問い詰め、見かねた父親と次男がフォローするも傷口に塩ねじ込む結果に終わるようにしか見えないシーンである。

22巻90話 壁の向こう側へ

初めての海に初めて見る生物と、研究者質の大はしゃぎなハンジに対しリヴァイは「おいハンジ、毒かもしれねえから触るんじゃねえ」と慎重な様子で、これまた互いのバランスが取れたファン歓喜のシーンである。それにこのセリフはハンジを心配しているとも受け取れるので尚更である。

26巻106話 義勇兵

ビビッてんじゃねぇよ ナメられるだろうが
イェレナの「航空」という発言に対し、「こう...くう?」とハンジは戸惑いそれに対しリヴァイは舌打ちをし、アイコンタクトで
(ビビッてんじゃねぇよ ナメられるだろうが)
(わかってるって!!)
と会話した。
そう、この二人、目だけで会話をしたのだ。
このシーンも二人の付き合いの長さを感じさせるシーンである。

アニメ第9話

「奇行種なら、ここに一匹いるがな」
言わずと知れた名シーン。ちなみにこのシーンミケ及び多数の調査兵団の団員が目にしている。
詳しくは9話リヴァハン事件を参照。

アニメ第38話

ハンジのシャツは原作ではボタンが右前(男性用)アニメでは左前(女性用)なのだが、エレン硬質化実験の際、ハンジが身につけているシャツは右前である。これは俗に言うあれじゃないのか..?いや、あれに違いない。誰のものとは決まってないが、後述したジャケットの件もあるのでリヴァイのものと思われる。

アニメ第40話

サネスの拷問後、椅子や机を蹴り飛ばしたあとにやってくるのは原作だとエレンなのだが、アニメだとリヴァイに変更されている。原作だとハンジが「ゴキブリがいたんだ、自分の蹴りで粉々になった」とエレンに自分で説明しているが、アニメではサネスに言われたことに動揺して、「ゴキブリがいた」とハンジが言ったのに対し、リヴァイが「お前の蹴りで粉々になっただろうよ」とハンジの気持ちを汲んでくれている。

アニメ第42話

レイス卿の領地に向かう際、リヴァイは原作だと馬に乗っているのだがアニメだとずっとハンジの隣か正面を陣取っている。
「その血にタネか仕掛けがあるってのか?」というリヴァイの質問に対しても、原作だと無視しているがアニメだとハンジは「今はそれはわからないよ」と答えている。

一問一答

Q.ハンジさんが調査兵団で一番仲が良いのは誰ですか?
A.リヴァイと仲が良い、と本人は思っています。

Q.何でリヴァイはハンジのことを「クソメガネ」と呼ばなくなったのですか?
A.ハンジが団長になってからは、リヴァイもさすがに組織の長の立場を重んじているようです。

その他

諌山先生のサイン会にて、リヴァイが負傷している際に着ていた黒いジャケットはリヴァイのものではなく、その辺に置いてあったものを借りていたと明かされている。これだけでは誰から借りたか不明だが、14巻表紙にてハンジが黒いジャケットを着ているのでもしかするとハンジのものだった可能性がある。

115話・126話

以下は114話ネタバレを含みます





































114話にてジークの自爆により吹き飛ばされた瀕死のリヴァイを発見したハンジはとどめを刺そうとするイエーガー派の兵士に対し、死んでるよと言い切る。
無論ブラフである。直後、復活したジークを目の当たりにしたハンジは一瞬驚き、なにかを決心した表情となり、その後リヴァイを抱えたまま川に飛び込んだ。
ちなみにリヴァイは雷槍の爆発により負傷したのだが、雷槍はハンジが開発に関わったものである。
余談ではあるがリヴァイの顔の傷はネーム時は右であったが、別マガ掲載時は左に傷を負っている。ハンジは四年前に右目を負傷しており眼帯をしている。つまり二人とも隻眼なのだ。
前述したリヴァイの傷が逆になったのはハンジと並んだ際の対比だろうと考えられる。

センシティブな作品


126話

瀕死のリヴァイを抱え川に飛び込んだ後ハンジは、追手から逃れるため涙を流しながら追手の部下たちを狙撃していた。
リヴァイの傷を縫い、現状自分たちではジークを止められない、時代が変われば蚊帳の外だと頭を悩ませ独り言ちるハンジ。いっそ2人でここで暮らそうか、ねぇ…リヴァイと弱音を吐く、ハンジは一人言のつもりで言っていたのだがリヴァイはそれを聞いており、起き上がった後に蚊帳の外でお前が大人しくできるハズがねぇ…と言い、それに対しハンジもああ、できないと即答している。そしてこの時リヴァイは一緒に暮らすということを否定していない。

ちなみに、13巻52話でもリヴァイがハンジを励ますシーンがあり、励ますのは二回目である。

いっそ2人でここで暮らそうか発言について

126話を読んだ時点では多くの読者はただ弱音を吐いてしまっただけだと思っていたが、127話の「逃げようとしていたんだよ…私は…全てを捨てて…全てを忘れて生きようって」という発言から本気だったということが判明した。

126話 リヴァハン妄想漫画


132話ネタバレ(閲覧注意)
























フロックによって飛行船の一部が破損し、溶接をしなければならないところで壁巨人達が襲来。ハンジは食い止めるために自ら囮になると宣言し、部下の前では明るく振る舞って去ろうとするが、リヴァイと対峙すると囮になることに怖じ気づくハンジ。
(ちなみに、リヴァイは怪我で全く立てない状態だったのだが、この時はハンジを止めるために立っている)

「分かるだろ、リヴァイ」「このまま行かせてくれ」

それを聞いたリヴァイは一旦目を閉じ、再び死んだ目で目を開けると「心臓を捧げよ」とハンジの背中を押し、ハンジは目を見開いて「君が言ったのを初めて聞いたよ」と笑って言いながら立体起動装置で壁巨人群に向かった。

雷槍を使い切った後も焼き焦げながらブレードで壁巨人群たちをなぎ倒し、業火に身を包まれ落ちていきながらハンジは息を引き取る。
リヴァイはその様子を見ずに飛行船の奥で静かに「じゃあな、ハンジ。見ててくれ」と言った。

ちなみに、リヴァイが死者を見送る場面は数度あったが「見ててくれ」などと自分の願望を死者に対して言うのは初めてである。


もしかして

「…相変わらず巨人とは片思いのままだな、クソメガネ」
このセリフ、普通ならば「相変わらず巨人に片思いのままだな、クソメガネ」と言うはずなのだが、あえて巨人とはという表現にしている辺り、ファンからはもしかすると「俺とは両思い」という意図を込めているのではと言われている。

関連イラスト

ハンジさんお誕生日


ひそひそ【進撃】


ナイスキャーッチ


進撃9話スクショとったった【※ネタバレ】


兵長の背中


関連タグ

進撃の巨人 進撃の男女CP NL
リヴァイ ハンジ・ゾエ 最強と最狂
これはいいリヴァハン ハンリヴァ
9話リヴァハン事件 14話リヴァハン事件

関連記事

親記事

進撃の男女CP しんげきのだんじょかぷ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「リヴァハン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 133674888

コメント