ピクシブ百科事典

三峯徹

みつみねとおる

三峯徹とは、日本のハガキ職人。神奈川県出身。本名非公開。
目次[非表示]

三峯徹(1967年3月24日~)
1989年の「ペンギンクラブ山賊版」への初投稿以来、エロ漫画雑誌を中心に活動を続けるハガキ職人

概要

エロ漫画雑誌の読者コーナーで必ず目にする、独特のフィールを持つその投稿ハガキ。ほとんどのエロ漫画雑誌に投稿したとされ、2010年にはタモリ倶楽部にも出演している(顔出しはなし)。
人呼んで『エロ漫画界の座敷童子。実際、彼の投稿を掲載拒否したエロ漫画雑誌は休刊・廃刊の憂き目にあったと言われる。名が知られてからは、読者コーナーへ新規にハガキが来ると編集者から『伝説の人』扱いされるほどである。
メインの投稿先がエロ漫画雑誌の読者コーナーで、ここまで注目されたハガキ職人は前例にない。
ハガキ採用の有無にかかわらず、ポストに投函した時点で既に満足しており採用か不採用かは考えていないとのこと。

ソッチの趣好もあるのかは定かではないが、BL雑誌にも読者投稿をしている(後述)事からか投稿先の雑誌ジャンルは結構広いようである。

その独特さと投稿に対するストイックさがブレていない所がエロ漫画家にも評価されておりファンとなった漫画家がいるらしい。

ちなみにエロ漫画におけるヒエラルキーのピラミッドの頂点の先に逆ピラミッドとして三峯徹がいるという説まであったりする。

作風

ポエム+イラストを特徴とする投稿ハガキ。しかし、初期は女の子を描いておらず蘊蓄系がメインだったという。文章+イラスト → 五七五+イラスト → ポエム+イラスト という過程を経て現在に至る。
タモリ倶楽部での特集で、絵が進歩(?)してきた過程が紹介された。一見わかり難いが、きちんとペンの使い分けを行っている。

当然であるが成人漫画雑誌と一般誌ではきちんと場をわきまえてエロか否かで描き分けている。

自画像はシルクハットにマントを羽織った「三」が書かれた仮面(?)を付けた怪人。この場合の彼は「三峯仮面」という。後に同人として参加した時のサークル名にもなっている。

ペンネーム

三峯産業(株)でアルバイトをしていた事に由来する。
三峯徹(成年誌) 丹沢恵三(掲載拒否されている雑誌用の別名義) 三峰徹(一般誌) 三峯徹子(BL・ホモ系雑誌)

エピソード

  • かつてはアニメ系雑誌などの一般誌にも投稿していた。
  • 初期は女子プロレスへの興味を匂わす投稿もある。
  • 同人誌即売会にも参加している。
  • 2015年1月に若年性脳梗塞で入院していた事が、本人により掲示板に書き込まれた。
  • スマートフォンアプリ「ポプテピピック++」において、どういう伝手で依頼されたのかは不明だが、起動時の注意事項画面のイラストを手掛けている。三峯徹タッチのポプ子ピピ美はある意味で衝撃的。


関連リンク

三峯徹bot
いつの間にか知っていた?三峯徹という謎の男
通信用語の基礎知識 三峯徹

関連記事

親記事

ハガキ職人 はがきしょくにん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「三峯徹」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 405681

コメント