ピクシブ百科事典

九娯貿易

きゅうごぼうえき

九娯貿易とは、かつて存在していたオペレーター会社。ゲームの開発も行っていた。
目次[非表示]

概要

1965年に「山平娯楽機械」として長崎県佐世保市で設立し、翌年に熊本県の「九州娯楽」と合併、更にその翌年に九娯貿易へ改称。オペレーター会社として活躍するかたわらアーケードゲームの開発を手掛けていた。一時期は家庭用ゲーム業界にも進出し、海外ドラマ『エアーウルフ』のゲーム化作品や『忍者COPサイゾウ』を発売。その後は製品開発メーカーとしても活動していたが、1998年1月5日に和議申請を行い倒産した。

主なゲーム作品

アーケード作品

  • フラッシュギャル(1985年) -開発は外部による。販売はセガが担当。
  • レジェンド(1986年) -セガから販売予定だったが、自社販売・流通に。
  • エアーウルフ(1987年)


エレメカ

  • 新幹線ゲーム(1976年) - 製造はニシキ製作所。「Ⅱ」や「Ⅴ」といったシリーズもあるが、「Ⅲ」や「IV」の存在は不明。


家庭用ゲーム


関連タグ

企業 ゲームメーカー セガ

テクノソフト:かつて同じ長崎県佐世保市に存在したゲームメーカー。

関連記事

親記事

ゲームメーカー げーむめーかー

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「九娯貿易」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 517

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました