ピクシブ百科事典

乾パン

かんぱん

旧日本軍が生んだ優秀な保存食。
目次[非表示]

概要

文字通り「乾燥したパン」……と言うよりもはやビスケット
災害も無く平和に過ごし賞味期限切れが近くなると非常食からビールのツマミに変身する代物。唾液を出すのと糖分を補う為に氷砂糖金平糖、オレンジスプレッドなどが付属しているものもある。ちなみにその食感は薄い生地を多く重ねて出している。

ひこうかんぱん
かにやの乾パン


海上自衛隊陸上自衛隊では乾パンの形状は異なり、陸上自衛隊(陸軍)は携帯に便利なよう小型に、海上自衛隊(海軍)は艦内での収納の際に積み重ねしやすいようにトランプ大のサイズとなっている。これは旧軍時代からの伝統となっている。前者は市場でよく見られる三立製菓のカンパン、後者はカニヤの「本格派ネービーカンパン」として市販されている。
ちなみに乾パンが現在のスタイルとなったのは改良が行われた昭和6年ごろからであり、最初期のものは明治ごろに欧米の軍用ビスケットを元に作られている。

元々、日本軍の戦闘糧食として開発されたため、保存食として優秀なのは言うまでも無い。
現在でも自衛隊戦闘糧食の一つとして配備され、多くの避難場所に常備されている事からも、その信頼性は確かである。もっとも、乾パンのみに頼った備蓄計画は味の面でも栄養の面でも精神的にも問題である。実際に震災の際に乾パンばかりが被災地に届けられ、三食乾パンで飽きてしまい、食べかけのみでなく未使用のものも大量に廃棄されたということも起きている。家庭に備蓄する際には副菜となる缶詰野菜ジュース缶なども揃えておくのが望ましい。

余談ながら、陸上自衛隊のとある駐屯地では残った乾パンを一度揚げて砂糖をまぶしたものがおやつとして出されるとか。
また、三立製菓の乾パンは1粒10キロカロリーで、20粒程度(約200キロカロリー)でも適度に腹がふくれるため、カロリー計算もしやすい。

外部サイト

三立製菓
北陸製菓
カニヤ

THE戦闘糧食(乾パンの記事)

関連タグ

食品 缶詰 カップラーメン

pixivに投稿された作品 pixivで「乾パン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 32489

コメント